てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  15 
ある男の死
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:10
 字数 : 493
5
投票しない
ある男の死
三和すい


……誰がククロビンを殺したの?」
 思わず呟いた言葉に、後輩が「何ですか、それ?」と聞いてきた。
「確かマザーグースの一節だ。昔読んだ推理小説に、そんな言葉が出てきたのをふと思い出してな」
 答えて俺は大きくため息をつきながら、路地裏に横たわた男の死体を見つめた。
「いたい誰が殺したんだろうな
 男の本当の名前は知らない。けれど、こいつがこの辺りでは「ヒツジ」と呼ばれていることは知ていた。いつも羊の毛皮のような白いモコモコのコートを着ていたからだ。
 そのコートこそが、今回の事件の凶器だた。
 しかも、驚くべきことに、コートの羊毛を寄り合わせて作た太い毛糸で首を絞められていたのだ。
「犯人はいたい何を考えていたんだろうな
 毛糸を作り出すためにコートの丈は半分ほどになており、ヒツジの生足があらわになている。それを隠すように、俺はビニールシートをかけてやた。
 親しい相手ではない。話したのは数えるほどだ。
 それでも、知た相手の死は辛い。殺されたともなれば尚更だ。
 せめて死に水の代わりに好きだた酒でも飲ませてやりたいところだが、鑑識が終わていない状態では、それも無理な話だた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない