てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  15 
私も死んだらこうなるの?
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:32
 字数 : 747
5
投票しない
私も死んだらこうなるの?
ra-san(ラーさん)


  床の死体
  鼻から顎に蛆虫が這ている

  女は聞いた
  私も死んだらこうなるの?
  ああ! 牧師は言
  お前も死ねば腐るのさ

 部屋の扉を開けた少年は、マザーグースのそんな歌を歌いながら踊るようなステプで部屋隅のベドへと近づく。ベドのシーツからのぞくのは若い女性の生足。その枕元からは絶え絶えとした弱い息が聞こえてくる。

  女は聞いた
  私も死んだらこうなるの?

 少年が枕元に顔を近づけて、さえずるようにそう歌う。そこにあるのは土のような色をした少女の顔。少女の目が薄く開かれ、少年の顔を見る。

「あなたはだあれ?」

 暗い部屋にもぼんやり光るような白い肌をした少年が、夜の湖のように深い青色の瞳で少女をじと見つめている。

  女は聞いた
  私も死んだらこうなるの?

 湖に引き込まれるようにその瞳を見た少女は、少年の歌に誘われるように口を開いた。

「私も死んだらこうなるの?」

 少年はニコリと笑う。

  ああ! 牧師は言
  お前も死ねば腐るのさ

 そして少女に死に水をつけるように口づけをする。少女の目が閉じ、その弱々しい息が聞こえなくなる頃、少年は少女から顔を離した。
 少女の体からじわじわと白い虫が湧いてくる。目から口から鼻から顎に、蛆虫がざわざわと湧き上がり、少女の体はすぐさまに骨となる。

  床の死体
  鼻から顎に蛆虫が這ている

 やがて蛆虫たちは黒い蠅となると、一斉に舞い上がり人の姿を形作る。

「さあ、いきましうか」

 蠅は自分が食べ尽くした少女の形となり、少年に微笑みかけた。
 それに応えるように少年も微笑むと、部屋に入た時と同じように歌を歌いながら踊るようなステプを踏んで歩きだした。

  床の死体
  鼻から顎に蛆虫が這ている

  女は聞いた
  私も死んだらこうなるの?
  ああ! 牧師は言
  お前も死ねば腐るのさ

 そして少年は蠅となた少女を連れて、この部屋から立ち去た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない