てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  15 
五月は花の……
志菜
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:33
 字数 : 932
5
投票しない
五月は花の……
志菜


 襖を開けると、昼下がりの薄暗い部屋に女は一人、座ていた。こちらに背を向け、崩した足を横に流しているために、緞子の帯が斜めに傾いでいる。黒い着物の裾から見える足は、彼女にしては珍しいことに生足であた。立ちすくむ私に、その人は細いうなじをゆくりと回し、横顔のまま低く言た。
「今朝、亡くなりました」
 そう言て薄すらと微笑んだ。白い肌に紅い口紅が、不自然なほどに映えていた。
 女の前には布団が敷いてあり、白い布を顔に被せられた男が横たわている。布の下から覗く染みの浮き出た皺だらけの首を見るまでもなく、それが誰なのか私にはすぐ分かた。
 布団の向こうは黒ずんだ木枠の窓があり、細かい雨が音もなく降り続いているのが見える。
 ふすまから手を離せずに立ちすくんだままの私を、女は見上げた。問うような、挑むような、薄すらと細めた瞳で。
「ば、ばかな……
 ようやく私は言た。声がかすれて震えているのを感じるが、抑えることは出来なかた。
「早またことを」
「早また?」
 女の口から笑みが消えた。ゆくりとこちらに体を回し、膝を揃えて座り直す。
「早まてなどおりません。むしろ、待ち過ぎました」
 女の言葉の意味を図りかねて口を閉じた私に、歌うような節を付けて女は言た。
 もうすこしはやければあなたはなにもいわずわたしをだきしめてくれたであろうものを。
 女の顔が歪み、泣き出すのかと思たが、片頬を緩めて小さく微笑んだだけであた。
「どうやて、先生を……?」
 私の問いには答えず、女はすらりと立ち上がり布団の裾を回て窓へと向かう。きしいだ音を立てながら硝子を押し開け、女は手をかざした。
「三月、風よ。四月は雨よ」
 雨がたちまち女の手を濡らす。それを見ながらうとりと女は言た。
「まざあ・ぐうすよ。先生の講義にも出たでしう?」
 濡れた手を口に当て、唇を湿らせる。一筋の雨の雫が喉を滑り落ちていく。女はそれには頓着せず、やおらに身を屈めて布団に横たわる先生の顔の布を剥ぎとた。そのまま土色の唇に自分のそれを重ねあわせる。
 驚いて動けずにいる私にようやく女は目を戻した。
「先生には相応しい死に水だわ」
 そう言て、艶やかに笑う。花ざかりの美しい笑顔であた。私は目眩を覚え、小さく後退た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない