てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  15 
ジャックと生足
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:36 最終更新 : 2015.10.17 23:41
 字数 : 1339
5
投票しない
更新履歴
- 2015.10.17 23:41:01
- 2015.10.17 23:36:47
ジャックと生足
小伏史央


 ジクはお父さんの生足がとても好きだた。生足氏は長寿の賢人のように髭を蓄えていた。そしてそれと同時に日々の労働によて鍛え上げられた生足氏はごつごつとまるで岩肌のように力強かた。ジクは彼を観察することが一日の喜びだた。
 ジクは彼を生足氏と呼んでいたが、実際は何と呼べばいいのかわからなかた。生足氏はお父さんの生足唯一その二本だけを指す。だというのに、世の中に生足は恐ろしいほど存在していた。たとえばお母さん(Mother)がグースカピーといびきをかいて昼寝しているのを見るだけでも、生足を確認することができた。ジクはそれをマザーグースカピーと呼んで蔑んだ。お父さんの生足氏と比べると、それはがりがりで、見た目が悪かたからだ。
 ジクにとて本当の生足は生足氏だけだた。ジクはお父さんに見つからないように、畑の作業の合間合間に生足氏とコンタクトと交わし、幸福感を味わうのだた。

 ジクはお父さんと一緒に家の庭でソラマメとニワトリを育てていた。ソラマメは時期になると豆を生んだ。ニワトリも毎朝のように卵を産んだ。それらのまるいものは市場に行くとまるい銀貨と交換することができた。銀貨でまるいパンを買うことで、ジクは生活していた。
 お父さんはしばしば、市場の近くにある作業場で労働することもあた。その翌朝だけは家で卵を食べることが許された。ジクが卵を焼くたびに、生足氏は逞しくなていくようだた。
 しかしお父さんは常に作業場のことを悪く罵ていた。作業場で言うのではなく、家でジクに向けて言ていた。あそこは危険だ、労働者のことをまたく考えちいない。生足氏が日に日に強くなていくのは、あの作業場のおかげだろうに、お父さんはなんて恩知らずな言い方をするのだろうとジクは思た。
 ジクは生足氏にそと視線を向けて、彼に意見を求めてみた。彼は無言で貧乏ゆすりを続けるばかりだた。ベドではいつものように醜いマザーグースカピーが横たわていた。

 その数日後にお父さんは死んだ。
 作業場で大きな事故が起こたからだた。
 生き残た人たちが瓦礫の中からお父さんを見つけ出すまで数日の時間がかかた。ジクは作業場の人たちにつれられて、お父さんの死体を確認した。お父さんは死んでいた。
 しかし、ジクは他のことに驚愕した。生足氏が、マザーグースカピーになていたのである! ジクは混乱した。髭は以前のように伸びていたが、ごつごつと強そうだた生足氏が、がりがりに痩せ細ていたのだ。
 混乱した頭のままそこから走り出し、家に帰た。もしかしたら生足氏はお母さんのところに引越したのかもしれないと考えたからだ。しかしそこにいるのも、マザーグースカピーた。
 ジクは泣いた。まるい大粒の涙を流して泣いた。涙は大雨を呼んだ。彼らは死に水となて生足たちの死を悼んだ。
 生足氏は、いなくなてしまたのだ。

 それから長い時間が経た。
 ジクは今日も収穫物と卵を銀貨と交換している。そして定期的に何日かは作業場へと赴く。
 それは辛い作業であるし、両親を早くに失たジクは孤独でもあた。しかし、ジクは毎日が幸せだた。
 生足氏と再会したからである。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない