てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  13  14 «〔 作品15 〕
葬式マザーグース
夏SNOOPY
 投稿時刻 : 2015.10.18 17:27
 字数 : 507
〔集計対象外〕
5
投票しない
葬式マザーグース
夏SNOOPY


 昔々、葬式ごこを日々の楽しみとする夫婦がいました。
 死体になりきて棺桶に入ているお爺さんの唇に死に水を塗たり、生足(しなびた皮膚はとても見られるものじありません)で踏みつけたり……
 どうしてそんなことをするんですか、と人々は訊ねました。その度に、おばあさんは色んなことを言うのでした。
「私らはもう、死んだ方がマシ! だからその前に思いきり楽しむんじ!」
 何が楽しいのでしうか。分かりません
 ある日起きると、おばあさんは鋼の身体を持つ白光りするロボになていました。円柱形の頭部と胴体、そこから出るほそりした脚部。誰がどう見てもロボトです。本当にありがとうございました。
「じいさんや、今日も葬式ごこをするぞえ」
「おう、まかしとけ。すぐに死体になてやる」
 お爺さんはすぐさま、死体になりきることに成功しました。ここまではいつも通りです。しかし、ここでとんでもないことが発生しました。
 いつものようにおばあさんがおじいさんの胴体をしこたま踏みつけた時、おばあさんの足の重さは、総重量3トンにも達していました。そのあまりの重さに、おじいさんは口から蛙のように胃を吐き出して、そのまま死んでしまいました。おやおや。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない