てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11  15 
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:36 最終更新 : 2015.10.17 23:44
 字数 : 1995
5
投票しない
更新履歴
- 2015.10.17 23:44:16
- 2015.10.17 23:43:10
- 2015.10.17 23:36:57
故郷の友人
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


Subject: 明日の話
To: Sachiko
From: namaashi
Date: Sat, 17 Oct 2015 23:36:57

 こんな時間にごめんね、もう寝ちてるかな? 明日君に会てもらう僕の大事な友人について、少し説明させてほしいんだ。最初は何も言わないで、先入観なしに会てもらいたいと思ていたけど、やぱり、びくりさせちうかなと思て。
 彼の名前は、タマゴ。出会たのは、僕が中学一年生の頃。
 あれは、まだ残暑のきつい二学期の初めの昼下がり。英語の死に水先生の授業中だた。
――シニミズ先生ていうのはもちろん、あだ名さ。今思うとひどく残酷なあだ名だと本当に反省しているんだけど、中学の間ずとそのあだ名で呼んでいたせいで、本名が思い出せないんだ。
 彼女は当時まだ大学を出たばかりの若い先生で、いつもきれいなスカートを履いていた。6月の宿泊学習のとき、のちに覗きで逮捕されることとなる学年主任のおさんが、夜、僕らの寝室にやてきて僕らの思春期らしい拙い猥談に勝手に加わり、「○○先生のスカートのすそから、たまにシ・ミーズが見えてるねえ、へへ」なんて言たんだ。今思うと多分、シミーズ?てやつのことを言いたかたんだと思うけど、僕らはそんな、もはや死語ではないかという言い方を聞きなれていなくて、「シニミズ?」と誰かが聞き間違えたせいで、それ以降、僕らは彼女のことを陰で「シニミズ先生」と呼ぶようになた。
 シニミズ先生は若くて、若者らしく熱心な先生だた。英語の授業ではいつもビートルズやカーペンターズやマザーグースの歌詞カードを配り、僕らに歌うよう呼びかけた。でも中学一年生の僕らは教室で歌を歌うなんてかこ悪くてできやしなくて、いつもふてぶてしい反抗的な態度を取ていた。シニミズ先生は、今思うと、そんな生徒たちの前で、けなげに頑張ていたなあと思うよ。
 彼女に教わた歌なんてほとんど覚えちいないけど、その日の歌だけは、クラス中の皆が覚えていると思う。
 ハンプテダンプテの気だるげなメロデがスピーカーから延々と流れていた。すると突然、窓の外から一瞬、あまりにまぶしい光が飛び込んできた。突然のことに驚いて、僕らは皆窓辺に駆け寄た。すると、グラウンドに、巨大な空飛ぶ円盤が降り立てきたんだ。
「UFOだ!」
 と誰かが指さして叫んだ。
 はたしてそれは、UFOだた。円盤から突然一筋の光が、何故かいきなり僕の方へ向いてきた。それはレーザー光線で、僕の制服のスラクスが切り取られてシトパンツ状にされ、最近生えてて来たスネ毛まみれの生足がクラスメイトの前に晒された。
 だが誰もそれを笑たりしなかた。それどころじなかた。突然巨大なUFOがやてきて、超高性能なレーザー光線で僕らを攻撃してきたんだ。恐怖でみんな、固まて動けなくなた。静まり返た教室の中で、ハンプテダンプテだけが無機質に流れている。
 その時、あれは、誰だたかな……いつも冷静なクラス委員の山田くんだたかもしれない。突然、そのテープに乗て、歌い出したんだ。
「は、はんぷて、だーんぷて、さと、おんな、う
 恐怖で頭がおかしくなてしまたんだ。それからそれにつられて、ぽつりぽつりとみんながハンプテダンプテを歌い始めた。それは、これまでの授業でずとシニミズ先生が夢見続けてきた、生徒たちの心が一つになた元気な英語の歌の大合唱だたろう。頭のおかしくなてしまた僕らは教室の中で輪になて手を繋ぎ、大声でハンプテダンプテを歌い続けた。
 何回も、何回も……
 すると、最初のレーザー光線以降沈黙を続けてきたUFOから、ついに異星人が降り立てきた。
 それは、よくSF映画に出て来る、ひとした銀色の体とでかい目をしたやつだた。
 彼は僕らの前に現れ、こう言た。
「ワタシハ、ウチウジンダ。チキウジント、トモダチニ、ナリニ、キタ」
 そうか、そうだたのか! と僕らは安心し、ハンプテダンプテにちなんで「タマゴ」という地球名を与えたそれと、友達になた。

 そう、明日君に会わせたい友だちは、宇宙人なんだ。でも大丈夫、今はだいぶ日本語も話せるし、とてもいいやつだから。見た目はちとびくりするかもしれないけど、きとすぐに仲良くなれるよ。
 それじあ、明日ね。


Subject: どうしたの?
To: Sachiko
From: namaashi
Date: Sun, 18 Oct 2015 12:23:47

サチコ、連絡くれ



Subject:
To: Sachiko
From: namaashi
Date: Sun, 18 Oct 2015 19:58:07


僕たち、これでおしまいなの?
All the king's horses and all the king's men Couldn't put Humpty together again?
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない