てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  15 
別れ道のふたり
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:42
 字数 : 2331
5
投票しない
別れ道のふたり
犬子蓮木


 とても大きな音だた。
 それが最後の記憶だた。
 最後? では今、この状態はなんであろうか、と木暮竜樹は思う。今は夜。足元では暗い中を大勢の人間が大騒ぎしていた。さきまでそこにあた橋は風で途中から砕けてなくなていた。そこを車で渡ている途中だたのだけど、なぜか今は空に浮かんでいる。
 つまり幽霊になたのだなと木暮は自覚した。
 乗ていた車は川に落ちて、なにかのモニメントのように突き刺さていた。
 行てみようか。
 意識すると木暮の体は自然に車の方へと向かて移動した。空が飛べるらしい。それでも気持ちがいいとは思わなかた。
 車には同乗者がいた。友人の水野春友だ。周りには浮かんでいないところを見ると、まだ生きているか、それともこんな風な死後の世界は人それぞれで孤独なのかもしれない。
 車の周りにはレスキ隊らしい人たちが大きな声でなにかをしていた。さらに近づくと呻き声を出している水野がいた。生きている。そしてそのとなりにぐたりとしている自身の姿を見つけた。
 死んでいるのか。
 特にこれといて感傷はない。
 なぜこれほど落ち着いていられるのかわからないが、肉体がないせいかもしれない。もしくは個人差。
 ずと眺めているとどうも車から水野を助け出すことが難しい様子だた。崖の下の川で、装備の整た車が入れないためだろう。時間がかかり、水野がだんだんと衰弱していくのがよくわかた。
 もうダメだろうな、と思たところで、ふわと出てくるものがあた。
 それはどこか透明な霧のようで、最初は白くそしてわずかに色づいて形が人のようになり、ゆくりと水野の姿となていた。
 死んでしまたか。
 車の中の水野はもう呻き声も止まていた。
「よう」
 眼をあけて、きろきろしていた様子の幽霊水野に声をかける。
「木暮、なんだよこれ」
「俺もさき気付いたばかりなんだが、どうも観察するに幽霊てやつじないかと思う」
「はあ?」
「車に俺らの死体あるし」と木暮は車の方に視線をやた。
 水野が車の方を見ると、表情が蒼白となり、体がゆくりと沈んでいた。
「なんなんだよこれ」
「知らねーよ」
 突然の死に水野は混乱しているようだた。そんなことを言えば、自分もなのだけど、と木暮は思たが、やはりそれぞれの考え方などに違いがあるのかもしれない。
「ロンドン橋落ちたてな」木暮は上を見る。壊れた橋が見えた。「一緒に車も落ちちまたが」
「なんだよそれ」
「マザーグース」
「いや、それがわかんねーし」
 そもそもなんでこんなところを男二人でドライブしていたのか、それが思い出せなかた。こんな山奥を走る理由があたのだろうか。名前は思い出せる。目の前の人間の名前も水野だとわかる。だけど職業だとか家族だとかそういたものが思い浮かばない。
「他にもいるのかな?」
「何が?」
「幽霊、俺たちみたいな」
「俺は死んでねーし」
 木暮は勢い良く振りかぶて水野に殴りかかた。しかし、木暮の拳は水野の顔をすり抜けてしまた。
「あたらねーな」
「なにすんだよ、あぶねーん」
「あたてねーん」木暮は笑う。「俺たちてさ、友達だけ?」
「そうだろ?」
「どこで知り合たけ?」
 水野が何かを考えている。しかし思い浮かばないようだ。
「というか誰だけ? おれら」
「わかんねー
「街のほう行てみるか」
 木暮はなんとなく気になる方に向かて飛び始めた。
「待てよ。置いてくなて」
 そのあとを水野がついてくる。

 街は寝静まていた。家がどこか思い出せない。ゆくりと休みたいような気分だたが、落ち着く場所が思い当たらなかた。とりあえず、公園へで降りて、ベンチに座た。となりについてきた水野も座る。
「はー疲れたな」
 水野が革靴を脱いで、靴下も脱いだ。
「生足。そんなの出すなよ」
「いや、幽霊でも足あるんだなて思て」
 そんなのかよ、と木暮は笑う。
「これからどうするか。他に俺たちみたいのいないみたいだよな。死んでから一時的になるのか、それともそもそもこんな風になることがおかしいのか」
「話しかけても普通の人間にはわからないみたいだしな」
「二人だけとかはさみしいなー
 どうしようもない状況に二人はしばらく沈黙した。
「おい、おまえ薄くなてね」水野が言う。
「そうか?」
 自分の体なんかはよくみてなかたが、言われてみればそうかもしれない、と木暮は思う。
 だんだんと消えていくようだた。
「俺の方がさきだたからな。消えるのもはやいのかもしれない」
「おい、待てよ」水野が慌てている。
「まあ、同じ所に行くか、完全に消えるんだろ。じあな」

 目を覚ます。
 木暮は病院にいた。なんとなく見ていた夢を覚えている。水野とふたりで事故にあて、幽霊となた夢。それがどこまでが夢なのかはわからないが、どうも事故にあたのは本当だたらしい。いろいろな機械から伸びるチブにつながれて、木暮はどうにかして延命しているという様子だた。
 木暮の様子に気付いた看護師が外に何かを連絡しに行たようだた。かわりに見知らぬ男が入てくる。
「水野は死んだよ」
「そう」
 つまり自分は助かたから、幽霊でなくなたということか。ひとりでさみしいだろうな、と水野を思う。
「あなたは?」
「警察だ」男が警察手帳を出した。「お前らふたりを追ていた。覚えてないか?」
 考えてみたがやぱり覚えていない。ただ、なにかしたんだろうな、という感覚だけはあた。
「覚えてないね」
「じあ、元気になたら思い出すように取り調べだ」男が笑いながら出て行た。
 静かになる病室。
「水野」
 もしかしたら近くにいるのだはないかと声を出した。
 だけどもちろん返事はない。
 もしかして幽霊になたままのほうが幸せだたろうか。       <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない