てきすとぽいトップページへ
第29回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  15 
クラス委員長・高平さんの奮闘とおみあし
 投稿時刻 : 2015.10.17 23:36 最終更新 : 2015.10.17 23:43
 字数 : 1945
5
投票しない
更新履歴
- 2015.10.17 23:43:07
- 2015.10.17 23:36:32
クラス委員長・高平さんの奮闘とおみあし
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


 うちのクラスには、水澤という問題児がいる。
 彼はまだ十六歳だというのに、ハンプテ・ダンプテを絵本の中から引張り出してきたようなずんぐりむくりの卵形の体型をしていた。「水澤てハンプテ・ダンプテみたいじない?」て何かの機会にクラスメイトの飯沼さんに言てみたら、「ハンプテ・ダンプテて何?」ていうある意味予想どおりの返しだた。ま、クラス委員長だし? マザーグースに出てくるキラクターてことくらい教えてあげましたとも。
 水澤に話を戻そう。
 水澤は、別に悪ぶているようなタイプではない。なんたて、ハンプテ・ダンプテだし。だけど、遅刻は多いし、授業はサボるし、説教されてもどこ吹く風で、とにかく態度がふてぶてしい。私もこれまでに何度説教をしたことだろう。指を折て数えてみる。五回や十回じ足りない。プリントの提出期限を守らないとか、委員会の会議サボたとか、そんな細々した内容だたとは思うけど。
 例えば、こんな具合。
「ちんと掃除してください」
 私は凜として、掃除当番をサボろうとする水澤の前に立ちはだかた。クラス委員長じなかたら絶対にこんなことしないけど、今のところ私はクラス委員長なので堂々とそれをやてのけた。
 水澤は不思議なものでも見るみたいに私を見下ろして、たぷり五秒くらい経てから回れ右した。別のドアからそそくさと教室を出て行く。また逃げられた。
「高平さん、がんばるねー
 なんて静観していたほかの掃除当番の女子たちは素直に感心する。
「水澤くんて体大きいし怖そうだし」「よく言えるね」「さすがクラス委員長」
 ま、褒め称えられるのは悪くない。
 ちなみに、体もでかいしふてぶてしいヤツではあるけど、私は水澤に対して「怖い」という感情は抱いていない。
 実は、今のクラスになてすぐ、高校のそばにある河川敷で、水澤が段ボール箱に捨てられていた子猫をかまているのを見たことがあた。水澤=問題児、という先入観から、からかていじめてるのかと思て、ヤなヤツだなと勝手に思た。そしてその数日後、私は再びその河川敷で水澤を目撃した。
 水澤は、ずんぐりむくりの体を丸めてうなだれていた。子猫が死んでしまたらしかた。子猫の死に水澤があんなにも打ちのめされるだなんて思てもみなくて、私は密かに反省などさせられてしまた。クラス委員長のくせに、偏見の目でクラスメイトを見てしまうだなんて失格だ。
 私は誓た。水澤にも、他のクラスメイト同様、誠実に向き合おうと。
 こうして、先生すらさじを投げ気味の水澤に、私はしつこく小言を言い続けた。クラス委員長をなめるなよ――

 そんな攻防を続けた六月、朝からじとじとした雨の日のことだた。
 朝は常に一番に教室に来る私は、その日も気合い充分で登校した。ら、学校のすぐそばで車に水をかけられた。幸いなことに制服の被害はほとんどなかたけど、左足がさんざんなことになた。膝から下がびびし
 ぐず濡れのまま上履きを履くのもはばかられ、昇降口の脇の洗い場で靴下を脱いで足を冷たい水で洗た。泥水や砂が落ち、白くてつるとした自分の生足にちとうとりする。
 私の密やかな自慢が、このつるんとした生足だた。
 従姉妹のお姉さんが脱毛サロンで働いていて、高校に推薦入試で受かたときのお祝いで脱毛してもらた。毎日ローンもしかり塗り込んでるし、日焼けにも気をつけてる。適度に歩いてたるんだりしないようにとも思てる。もちろん、足指の爪の形だてキレイに整えてる。制服のスカートを短くしたり、髪を染めたりて自己表現するのもいいかもしれないけどさ。こういういつもは見えない部分にこそ、気を遣てみるのもいいんじないかて控えめな私は思うわけ。すぴん美人みたいな?
 なんて、自分の足の美しさにうとりしすぎてて油断していたのは、この高平亜季、一生の不覚である。
「ストリプシの真似?」
 足先の水を払うために、私は白い膝を上げたところだた。
「面白かたからさきから見てたんだけど。自分の足、ホントに好きなんだね」
 私の背後に立ているのはハンプテ・ダンプテ、じなくて水澤だた。

 私と水澤の応酬は、一学期が終わろうとする七月になても続いている。
 が。
「足」
 水澤は、私が小言を口にすると、ひと言そう返すようになた。そして笑て去ていく。
 クラスメイトたちはまだ気づいてない。彼が「足」と呟いていることも、その理由も。気づかれる前になんとかしたい。私の生足は自慢だけど堂々と自慢したいものじないのだ。
 夏休みまでに形勢逆転できないかと思いつつ、有効な手立てを何も思いつけないまま、私は彼との攻防をまだまだ続けないといけないらしい。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない