てきすとぽいトップページへ
第30回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
 投稿時刻 : 2015.12.12 23:51
 字数 : 1309
5
投票しない
その先の世界
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


「こら、タマ。そこにいるのはわかてるんだよ」
 押し入れの中。しなびた布団の隙間に身を潜めていたタマは、姉さまの、それはそれは優しい声に震え上がた。
 狭い空間ではあたが、気が塞ぎがちでここ最近はすかり元気をなくしていたタマだたので、すぐにうとうとして意識を失た。おかげで、どれくらい時間が経たのかわからない。外がまだ明るいのか暗いのかも。襖一枚隔てたところに姉さまがいるということは、まだ日が沈む前なんだろう、と考える。
 タマは自分の仕事には忠実だた。誰よりも美しく、気高い姉さまの手伝いができることは、この上ない喜びだとも考えている。早くここから出て姉さまの手伝いをしなくては、という気持ちはもちろんある。でも、体が動かない。
 そうこうしているうちに、姉さまによて、押し入れの戸がピシリと開け放たれた。小さくなていたタマの上に、姉さまの影が落ちる。橙色の鋭い夕日が、姉さまの影を濃く長く伸ばしている。明日はきといい天気になるだろう。
「ヨネが、鬼みたいな顔であんたのこと探してる」
 姉さまは目を細めて笑んだ。その唇はまだ紅に染まてなかた。紅を塗る、ピンと立た姉さまの小指を見るのがタマは好きだた。紅を塗り終えると、姉さまの目はまたく別の生きものみたいに色を変え、妖艶さを湛えるのだた。
「タマは、仕置きがホンに好きなんすな
 もちろん、姉さまがタマを仕置きすることはない。でも、ヨネがタマを縛り上げて冷水を浴びせて夜まで放置しても、助けることもしない。今みたいに、朗らかな笑みを浮かべてタマに言うのだ。
 ――ホンに、タマはわちきによう似てますな
 姉さまに似ていると言われるのは、タマの自慢だた。姉さまはタマの誇りで、憧れだた。それはずと変わらないはずなのに。
 何がどうして、すきりしない。何の稽古をしてても、拭いきれぬ違和感に手足が絡め取られる。いてもたてもいられなくて、だからタマは逃げ出して、身を隠すしかなくなる。
 タマは物心ついた頃から漠然と考えていた。いつかは自分も姉さまのようになるのかと。なれるのかと。でも、成長したタマは気づいてしまう。知てしまう。考えずにはいられなくなる。
 姉さまのようになた先にあるのはなんなのかと。
 天国のように美しく煌びやかな世界。でもその先に待ち構えているのは、ぽかりと口を開けているのは、似ても似つかないものではないのかと。
 タマと同い年の禿である、サクの姉さまが十日前に情死した。たたの十日前のこと。だけどもう、誰もそのことは口にしない。こんな話がここでは珍しいことではないのだと、タマは初めて理解した。
「あんたは、何がしたいん?」
 体を縮こませたままのタマに、姉さまはなおも優しい声をかけ続ける。タマは聞きたかた。でもいまだに聞けないし、これからも聞かないかもしれない。姉さまに聞く前に、タマは自分の目でそれを確かめることになるんだろうと諦めてもいる。ここで生きるということは、そういうことなんだと。
「姉さまに言うてみ?」
 美しく煌びやかな世界の象徴であたはずの姉さまを見つめ、タマはただただ首を振る。何もかもを知るには、まだ勇気が足りない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない