てきすとぽいトップページへ
架空のスポーツ小説
 1  2 «〔 作品3 〕» 4 
ヒモ引き
 投稿時刻 : 2016.06.05 12:50
 字数 : 2145
5
投票しない
ヒモ引き
三和すい


 学生の頃から月曜日が嫌いだた。ずと夏休みが続けばいいと思ていた。
 その想いは、社会人となた今でも変わらない。それどころか年々強くなていく。

 ――働きたくない。

 通勤電車に揺られながら、俺は毎日そう思ていた。
 けれど、生活していく上で金は必要だ。少なくとも俺が望む生活を続けるにはある程度の金が必要であり、その金を手に入れるためには働かなくてはならない。
(ああ、誰か俺を養てくれないだろうか)
 そんなことを考えていたら、俺を養いたいと言う女性が現れた。
 ただし、同時に二人も。


「放しなさいよ、公子! 彼はあたしのものなんだからね!」
「星子こそ放しなさいよ! 私の方が先に見つけたのよ!」
「何を言ているの! あたしの方が早く彼と出会ていたわ!」
「付き合い始めたのは私の方が先よ!」
 公園の片隅で、俺は二人の女性に左右から腕を引張られていた。
 俺の足元には一メートルくらいの円が描かれていて、その円から俺を引きずり出そうと公子は俺の右腕を、星子は俺の左腕を引ている。
 そして、俺たち三人のまわりでは観客たちが公子と星子に声援を送ていた。
 恋愛関係のもつれを観戦するなど一昔前なら考えられなかたが、今ではちんとしたスポーツだ。こうして公園の片隅にも専用の場所が設けられるほどである。
 ルールは簡単。
 好きなの男の腕を綱引きのように引て、円から自分の方に引きずり出した者が勝ち。男と交際する権利を得る。
 付き合う相手を腕力で決めるのかと今でも顔をしかめる者もいるが、実を言えばこれは儀式のようなものだ。はきり言てしまえば、ほとんどの場合、最初から結果がわかている競争なのである。
 まず、引ぱられるのは男と決まている。男二人が女性の腕を引て女性がケガをしたら大変である。だから腕を引ぱられるのは必ず男だ。
 そして、引ぱられる男は好きな女性に加勢できる。格闘技をやている女性とか筋力のない男もいるが、たいていの男は、好きな女性の方にわざと引ぱられることができる。
 なので、男の気持ちを確かめるために引張り合いをすることもあるし、女性の方で実は別れたいと思ている場合はわざと負けることもできる。まあ、たまに引張り合いが始また途端に女性が二人とも手を放すこともあるらしいが。
 幸いなことに、公子も星子も本気で俺の腕を引ていた。
 だが、俺はどちでもよかた。俺を養てくれるのなら、公子でも星子でも構わなかた。
 俺は公子にも星子にも加勢することもなく、ただ引ぱられるまま。
 長引く勝負に、周囲からの歓声が減ていく。そして、観客が何人か帰り始めた時だた。星子の手がわずかに緩んだ。俺の腕は星子の手からするりと抜け、体は一気に公子の方へと倒れ込んだ。
「やたわ! これで彼は私のものよ!」
 勝利の声を、公子があげる。
 ようやく決また、俺はもう働かなくていい、これからは公子に養われるんだ、とホとした時だた。

「ちと待!」

 公園に、男の声が響き渡た。観客をかき分けて、浅黒い顔の男が現れる。
「関?」
 現れたのは、俺の同僚であり友人の関諭央だた。ひどく思い詰めたようなような表情で関が口を開く。
「俺も参加したいんだが」
「諭央、どういうつもりなの?」
 関に冷たい声が飛ぶ。公子だ。俺の腕にしがみついたまま、関を睨み付ける。
「私の気持ち、知ているでしう?」
「ああ。だから、あきらめようとした。でも、できなかた。どうしてもあきらめられないんだ!」
 関の叫びに、俺はそういうことかと納得した。
 公子と関は幼なじみだ。公子と知り合たのも関を通じてだ。
 「諭央」「公子」と名前を呼び捨てにする間柄に、最初は二人は付き合ていると思ていたが、公子は「ただの幼なじみよ。友達同士で名前を呼び捨てにすることなんて、よくあるでしう」と言ていた。しかし、それは公子だけの認識だけだたようだ。
 たぶん、関は公子が好きなのだ。
「いいぞ」
 俺は二人に言た。
「二回戦、やろうじないか」
 関は俺の同僚で友人だ。
 だからといて公子を譲る気はないが、好きな相手に気持ちを告げられず引きずるよりも、ダメでも想いをぶつけた方がきと本人にとてはいいはずだ。それに、もし関と公子が付き合うことになても、俺には星子がいる。
 だが、どうやて勝負をすればいいんだ? 気が強くても公子は女性だ。俺と関で公子の腕を引張り合うわけにはいかないし、公子と星子で関の腕を引張り合うのも何か違う。
 さて、どうしたものかと俺が考え込んだ時だた。
「いいわよ。勝負しようじないの!」
 公子が俺の右腕をつかんだ。
「負けるものか!」
 関が俺の左腕をつかむ。
「へ?」
 わけがわからず茫然とする中、引張り合い第二回戦が開始。
「彼は私のものよ! ささとあきらめなさいよ!」
「俺だて何年も想い続けていたんだ! そう簡単にあきらめられるか!」
「あんたと違て彼はノーマルなのよ!」
 公子と関の会話に、遅ればせながら状況を把握。
 いや、あの、俺が付き合いたいのは、俺を養てくれる「女性」ですよ?
 気付けば俺の体は関の方に引張られていく。これではいかんと踏ん張ろうとした足が滑り……



 その後、俺がどうなたのか……正直なところ話したくない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない