てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  9 
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:10 最終更新 : 2016.12.10 23:15
 字数 : 269
5
投票しない
更新履歴
- 2016.12.10 23:15:38
- 2016.12.10 23:10:04
絵本
スイカ(チコ)


私はめいろ。めいろの絵本。だれにも買てもらえない、つまらない絵本。
今日も絵本屋に子供がやてきた。
「まま、この絵本がほしい」
それはこの店に来た子供がみんなほしがる、あこがれのめいろの本。私よりもおもしろい絵本。
「こちもおもしろそうよ」
お母さんは私のことを持た。だけど子供は私のことをほしがらない。
「もう読んだことあるよ、それ」
すると、私のことを見てあこがれの絵本は言いました。
「あなただて、おもしろい時はあたじない」
その時私は思いだした。
私はむかし、おもしろいめいろの本だたと。むずかしすぎると言われた、めいろの本だたと。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない