てきすとぽいトップページへ
第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  9 
リカちゃん迷路
大沢愛
 投稿時刻 : 2016.12.10 23:20 最終更新 : 2016.12.10 23:50
 字数 : 4682
5
投票しない
更新履歴
- 2016.12.10 23:50:38
- 2016.12.10 23:20:28
リカちゃん迷路
大沢愛


 夜空から雪は降ていない。そのかわり、こぼれるような星空だた。凍える戸外から窓ガラス一枚を隔てて、私はぼんやりと部屋の真ん中に座り込んでいた。
 クリスマスイブだた。
 実際には彼氏・彼女がいるのは全体の三割くらいなのに、町中がこぞてカプル推しに我を忘れている気がした。

 だてカプルは、お金を使う。
 それも無意味な使い方をする。
 どう考えても不釣り合いなアクセやらブランドものやらをカード払いで買い込んで、どう見てもゲフンゲフンな相手に贈たりする。
 さらに、味なんて分かいねーだろ的な相手を連れて高級レストランへ行たりする。マク〇ナルドを喜んで食べられる舌に本格フレンチの味が理解できるわけもないけれど、お店の方も心得たもので、こそりソースにマヨネーズを入れたりして客のニーズと経費節減の両立を図たりする。
 
 こんなにありがたい存在がちやほやされるのは当然だ。
 ちなみに、私の今夜のデナーは、ゆで卵と油揚げとチーズだ。
 油揚げはフライパンで焼いて、すりおろした生姜と刻み葱を添えて、だし醤油をかけている。糖質制限ダイエト的に申し分のないメニだ。もちろんご飯やパンなんて糖質は摂らない。「くりすますけーき」などという、どこをどう取ても糖質と脂肪しかない悪魔の食べ物をわざわざ買てくるやつの気がしれない。もちろん、回転寿司でシリを残して湯呑みに突込む輩は死ねばいい。いま、こうしている間にも、全国のお寿司屋さんでそんな暴挙が行われているかと思うと、雪の代わりに除草剤を降らせたくなる。

 そこまできて、私のテンシンは急激に落ち込んだ。

 除草剤を撒いても、カプルはどこかにしけこんでいて無事だろう。ひとりでのこのこ歩いている私みたいなのがまとめて害をこうむるだけだ。そもそも、クリスマスにお金を使おうとしないなんて、どこからも必要とされていない証拠だ。糖質カトでナイスバデを手に入れたて、見せる相手は脱衣場の鏡だけだ。お寿司屋さんであたりかまわずシリを残して粋がている性格ひん曲がたキバ嬢にも完敗している、と思うと、もはや身の置き所がない気がしてくる。

 淋しいよ。

 思わず言葉が出る。そのとたんに、なんだか涙が出てきた。泣こうと思ての涙は意外と平気だ。あと思たときにもう、ぽたぽた流れてしまている涙て、収めるのに時間がかかる。
 でも平気かも。どうせひとりだし。
 近所のドラグストアの福引で当たたテペーパーを引き抜いて、洟をかむ。ゴミ箱に投げる。縁に当たて、カートの上に落ちた。放ておこう、としかけて、それをやたらおしまいな気がした。膝で這て行て拾い上げたテを改めてゴミ箱へトスした。
 入らない。
 一〇センチほどの距離だたのに。
 なんだかもう、ゴミ箱にまで馬鹿にされている気がして蹴飛ばしそうになる。
 拾い上げたテで涙を拭い、もう一度投げる。重くなたのが幸いしたのか、今度は真ん中に収また。収またら収またで、やぱり馬鹿にされている気がする。自分でももう駄目なのが分かる。淋しいよう。カートに落ちそうな涙と洟を、分厚く重なたままのテで受けながら、私は声を殺して泣き出した。

 着信音Aが鳴り始める。おかしい。だて私のスマートフンの電話帳には一人も記載していない。もしかすると、必要以上に勤勉なセールスマンか、精神的に不安定なカモを狙ての詐欺か。
 着信音は続いている。もしかすると、このスマホに掛かて来るのは初めてかもしれない。そと取り上げて、通話をタチする。耳に当てればいいんだよね? おそるおそる、私は顔を寄せた。

「もしもし、私リカちん。いま、駅前にいるの」

 ……え?

 なんでこの番号を知ているんだろう。ちんとドコモに通話料を支払ているんだろうか。いや、そういう問題じないのは分かているんだけど。

「ねえ、いまから遊びに行てもいい? 楽しく遊びまし。待ててね」

 それだけ言うと、通話は切れた。私はしばらく固まていた。なんなの、これ? あの、すこしずつ近寄てきて、最後は背後に立て殺すていう、あのリカちん人形、よね? なんでそんなホラー世界の住民が私の所へ来るの。でも、リカちん、遊びに来てくれるんだ。楽しくて、なにすればいいのかな。やぱり、お茶とお菓子は用意すべきよね。どうしよう、私の家にお客様なんて、はじめてだよ。
 ツコミどころ満載のことを考えていると、またまた着信音Aだ。

「もしもし、私リカちん。いま、重合薬局の前にいるの」

 ……
 あの、さきより遠くなてるんだけど。それて逆方向じん!

「そうなの? わかた。反対側に行てみるね。遊びまし。待ててね」

 電話が切れた。怖さよりもなんだか落ち着かなくなた。遊びに来るて言うのに、方向間違えてどうするの。スマホの番号はきちんと押さえているんだから、住所くらいは間違えないでよ、もう。
 しばらくして、手のひらの中で着信音Aが鳴り始めた。

「もしもし、私リカちん。いま、ドーナツ屋さんの前にいるの」

 おい!? いつのまに線路の反対側に行た? 微妙に近づいていなくもないけれど、そちは北口側で、私の家は南口側だよ!

「そうなの? わかた。もう一回、線路を越えてみるね。遊びまし。待ててね」

 線路を渡るときはちんと踏切を渡てね、と言うと、うん、と答えて電話が切れる。
 ……心配だ。こんなにトロいリカちんのことだ。電車にはねられたりしないだろうか。それよりも、酔客に蹴られたり、車だて、自転車だて。
 お茶を用意するのも忘れてスマホを見つめる。やがて、着信音Aが。

「もしもし、私リカちん。いま、重合薬局の前にいるの」

 戻たよ! 振り出しだよ! でも、遠くなたわけじないし、リカちんだて頑張ているんだし、怒かわいそうだよね。あのね、リカちん? 薬局の象さん人形に背中を向けてますぐ歩くと、うちの方に進むからね? いい?

「そうなの? わかた。背中を向けるね。遊びまし。待ててね」

 象さん人形だよ、と念押しすると、はい、と可愛く答えて、電話は切れた。
 これで間違いなく、私の家に向かう。でも、やぱりリカちんはリカちんだ。命を狙われたりするんだろうか。でも、せかく来てくれるて言うし。クリスマスにひとりぼちよりも、呪いのリカちん人形と一緒の方がまだマシ……なのか?
 答えが出るより早く、着信音Aが始また。

「もしもし、私リカちん。いま、ホームセンターの前にいるの」

 ……あの、それどこ? このあたりにホムセンなんてなかたけど。

「南町駅て看板が見えるよ」

 隣の駅じん!? いたい何が? そうか、リカちん、象さん人形じなくてカエルさん人形に背中を向けて歩いちたんだ! て、何キロ歩いたの? あれ? もしかして私の家に誰も来ないのて、そんなにややこしいところにあるの、私の家? 迷路? いやいやいや、だて一本道のはずだし。
 とにかく、いま来た道を引き返して、いい?

「そうなの? わかた。引き返すね。一緒に遊びまし。待ててね」

 一緒に、という言葉に思わずほこりする間に電話は切れた。これでちんと近づけるよね。家の前に出て待ていようか? 呪いのリカちん人形をお出迎えしたケースなんてあるんだろうか。どんな子かな。きと可愛いよね?
 着信音Aが鳴り始める瞬間、私は受話していた。何事も慣れるものだ。

「もしもし、私リカちん。いま、中町公園の前にいるの」

 通り過ぎたー! 五百メートルくらい通り過ぎちてる! もうね、リカちん、ほんとうに私を呪う気、あるの? ちんとお家にたどり着けなき、呪えないんだよ。
 同じ道を引き返して。右手に、庭にクスノキの生えて屋根が隠れている家があるから。そこが私の家だから、いい?

「そうなの? わかた。引き返すね。クスノキだね。一緒に呪いまし。待ててね」

 電話が切れる。なんだか目的が変化した気がしたけれど、それよりもリカちんが心配だた。ちんと着けるんだろうか。やぱり、ちんと呪えないと、誰かに叱られたりするんだろうか。それじかわいそうだよね。無事に着くといいな
 しばらくして、着信音Aが鳴る。

「もしもし、私リカちん。いま、あなたの家の玄関の中にいるの」

 早! なんでいきなり到着しちてるの? いや、来いて言たけどさ。

「なんで三和土に靴を出しぱにしてるの? 埃がつくし、湿てたらカビの原因になるよ。それに、土埃がたまてる。なんでお掃除しないの。靴箱の上のマリモ、もう死んでるよ。なんで死なせちうの。かわいそうに。だめなんだからね、そういうの」

 て、なんでダメ出し!? いや、確かにね、ひとりだからて掃除をさぼてたのは認める。悪かた。でもね、いま大事なのはそれじないよね、リカちん?

「そうなの? わかた。お部屋へ行くね。一緒に掃除しまし。待ててね」

 切れた。電話も気持ちも切れた。ていうか、何しに来るの。家政婦? 家政婦がキタ? なんでクリスマスイブの夜に呪いのリカちん人形と一緒にお部屋の掃除をしなきならないの? しかもあの子なら、カートからいちいち抜け毛をつまみ上げて説教してくるかもしれない。隠れよう。見つからないように。あの子、迷路的な動きをしてるけど、だんだん正確になて来ているし。でも大丈夫。絶対に見つからない場所がある。あそこなら私が出て行かない限り見つけられない。
 ふと思う。もしかして、私て、絶対に見つからないところに隠れ続けていたの? 絶対にやて来るはずの呪いのリカちん人形ですら、ここまで手こずるんだもの。もし隠れたら、あの子は私を見つけられない。一緒に遊ぼうね、て言てくれたのに。途中からなんだかモチベーンが変化してたみたいだけど。でも、せかく来てくれたんだ。私に会うために。確かに殺すのが目的かもしれないけれど。私が見つからないと、あの子、悲しむだろうな。やと迷路を潜り抜けてここまで来たのにね。ざんねんだたね。
 ほだされそうな気持を奮い立たせて、私は隠れることにした。
 着信音Aが鳴る。

「もしもし、私リカちん。いま、あなたの部屋のテレビの前にいるの」

 ……? いまなんて?

「一緒に遊びまし、貞子ちん」

 そういうと、ちな手が液晶越しに私に差しのべられた。

 ちんと、見つけてくれたんだね、リカちん。
 ……やだ、今日はまだ髪も洗てないし、枝毛取りもサボてるからきとすごいことになてる。リカちんならきと気づくだろう。「枝毛ちんと切りなさいよ」とか。それとも、私がいつもみたいにテレビの液晶画面からずるずる出てきたら、びくりして逃げちうだろうか。

「早くおいでよ、貞子ちん。きうはクリスマスイブでし。一緒に遊びまし

 なによ。クリスマスイブに遊ぶ相手がいるなんて、まるでリア充みたいじない。私、そんなのじないんだからね。それにあなた、私を殺す気でし。そうはいかないよ。殺されるもんか。

 一緒に、遊ぶまでは。

 私はリカちんのちな手を握た。寒い外をずと歩いてきたはずなのに、なんだか温かかた。涙は流れて続けている。私はずと泣いていたんだな、と思た。

 いいや、殺されても。
 会いに来てくれたリカちんのためなら、ね。

 私はゆくりと頭を液晶画面の裏側から突き出し、髪をふり乱したまま床へと這い降りる、いつものギミクへと移てゆく。

                         (了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない