てきすとぽいトップページへ
第38回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  14 
春の妬心
みお
 投稿時刻 : 2017.04.15 23:34
 字数 : 1318
5
投票しない
春の妬心
みお


 春風が吹くと妙に気持ちがざわつく。妙に腹が立ち、そわそわと気味が悪くなる。それは昔からの癖だ。
 私は春が嫌いである。

「それは変わた思考だね。普通は春が来ると喜ぶものだ。冷たい風が消えて日差しが注ぎ、桜も綺麗。まあ多少、暑いことと……ああ、あとは人がはしぎ過ぎるのが難点なくらいだね」
 友人は大仰にそういて腕を広げる。
 彼の腕から漏れる生ぬるい風さえ、私にとては不快だた。
「そう思うなら、腕を広げて暴れるのはやめたまえ。君が綺麗だと言ている桜の花が散てしまう」
 酔た彼が大仰に腕を広げるたびに、すぐそばの桜木から花が散る。
 今年の春は遅かた。そのせいで開花も遅れたが、哀れなことにやけに雨が続く、時には嵐が吹き付ける。せかく咲いた愛らしい花は、ちりちりと、散ていくばかりである。
 白い花弁がくるくると、円を描いて舞い散るのをみるたびに、私の胸は妙なほどに苦しくなるのだ。 
 私は昔から妙に桜が好きだた。
 桜が開く春を待ちわびるくせに、実際に春を迎えると不思議と気分が悪くなる。
「君は、何をそんなに苦しんでいるんだい」
 友人は、私をみて、にい。と笑う。
 さて。彼はこのような顔をする男であただろうか。
「春が来るたび、君の苦悩は増えるようだね」
 彼はゆくりと、顔にかかた眼鏡を取る。体をまとうジトをぬいで桜の木にかける。
 彼の腕が枝に触れたそのせいで、花が大量に散た。
「やめろ。花が散る」
「君は春が嫌いといいながら、やけに桜の肩は持つのだな」
 友人は、いや、友人というその男は……暗闇の中から私を覗く。
 彼は誰だ。
 彼が動くたびに、生ぬるい風がわき起こる。そのたびに、花が散る。
「僕が誰か分かるかい。君は誰だ。まだ分からないか」
 ……彼は誰だ。
 気がつけば、一面はぞうとするほどの桜の園だ。 
 四方に桜が続く。空には花が広がる。大地の水溜まりには、花の影が映ている。
 白に煙る空の下、それはまるで影画のようだた。
 濡れた土の香りに、花の香り。白の花弁が、風が吹く度散て行く。
……ああ」
 私は冷や汗を拭おうとして……気がつく。
「そうだ。私は」 
 拭おうとしたその手は、緑色の柔らかな羽根と化していた。
 大地の水溜まりに映るのは、天を覆う桜の木とそして一羽のやせ細た目白の姿。
……春風が彼女を優しく揺り起こし、春の日差しが彼女を目覚めさせ、春の雨が彼女を濡らし春の嵐が彼女を散らせる」
 友人は……否、春の化身は今や桜の園を覆うほど巨大な姿となり、愛おしげに桜の花を撫でている。
 そのつどに、風が吹く。桜は嬉しそうに揺れる。揺れるつどに、花が散る。
 花は、散りながらも幸せそうなのである。悲しいくらいに従順なのである。
 しかし私はそれを見ても何もできない。小さな体は春風に吹き飛ばされる。
「やめろ」
 私は悲鳴をあげた。しかし喉から漏れたのは、哀れなほどに愛らしい鳥の鳴き声である。
……私は春に」
「君は恋をしているのだろう。君は嫉妬しているのだろう。春ほど彼女を好きにできるものはいない」
 春の手が、桜を撫でる。曇天の中、散る花は甘い蜜の香りだけを残している。
 噎せ返るような花に埋もれて、私は呆然と桜の蜜を吸う。
 それは春が来るたびに味わう、失恋の味だた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない