てきすとぽいトップページへ
「覆面作家」小説バトルロイヤル!
 1  14  15 «〔 作品16 〕» 17 
君がいないので
 投稿時刻 : 2017.07.09 14:48 最終更新 : 2017.07.09 14:51
 字数 : 4049
5
投票しない
更新履歴
- 2017.07.09 14:51:25
- 2017.07.09 14:48:23
君がいないので
スイカ(チコ)


お題:純愛/懊悩

――カフに音楽が広がる。バスドラムの広がりと高周波のヴイオリンが奏でるリンクは、とても形容しがたいものだた。
 君は随分と軽い容姿で私を迎えた。
「君は立派な人だよ。うん」
「そんなことないよ……ねえ、本当に行うの?」
 両手を交差させて言う。
……まあ、しうがないんだよ。行かないといけないんだ。簡単に言うけど、そう、難しい話なんだ。一年後、戻てくる」
 ミクスコーヒーを運ぶストローを見つめて、頑張てねとだけ言た。

 君がいなくなて一週間が経た。
 このくらいでへこたれはしない。大学へ通う道は一人になたけれど、私は一人じない。いつもと同じ駅と、そこに到着する青線の電車。何も変わることは無い。ただ変わたのは君がいないだけ。それだけで私が代わる訳ない。私はそこまで弱い人間じない。いくら車線から覗く淡い風景を眺めたて、いくら辺りを埋め尽くす圧気を感じ取たからといて、私に何か異変が訪れるわけでは無い。なぜなら君の心は、私の心の中にあるから。私が一人になることなんてない。私は一人じない。私は……大学へ到着した。
 バグを隣席に置いた。それは無駄に軽くなた。君と共に見るための写真アルバムも、海外の物産品もすべてテレビデキの傍に置いてきた。それでいいんだ。私が君の事を忘れるにはそれと、目の前にあるペぺロンチーノを頬張るしかない。それでしか……君の事を忘れられないんだ。自覚していた。こうして麦茶を味わている間も、少しずつ〈君がいない〉ということが心を蝕んでいくことを感じていた。いくら麺を啜て得られるのは糖と脂質と少々の食物繊維だけで、肝心の〈君がいない〉空間を埋める役割を果たすモノは存在しなかた。
 ベドの上が、今のところ一番安心を感じる場所だ。彼はいつも眠りに落ちる前にこう呟いてくれる。
「おやすみ」
 その一言は私に、睡眠することで得られる快感の概念を与えてくれる。それが無ければ、私は眠れないと思ていた。
 私は、君がいないから、不眠症になてしまた。

 君がいなくなて半年経た。
 大学へ行くのが既に苦痛だた。講義中はいいが、学食での雰囲気は最悪だ。私はそこに長くいると消えたくなる。仲良さそうに友人同士が語り合う。趣味の合うもの同士で語り合う。愛し合うもの同士で愛し合う……私にはその相手がいない。私にはそれに付き合てくれる恋人、友人すらいないのに。何故こんなに苦痛を感じなきいけないの?
 そういう思いを感じるようになてから、私はよく公園に行きつけるようになた。ベンチに流れる空気は学食のそれと違てただの黒い塊を融解したような幻想霧で、それを啄みに来る鴉だけは私によく似ている。ここはいい。私はここが大好き、というよりここにしかいられない。だてほら、誰に吸われるかわからないのにただ酸素を生み出すだけの非効率的業務をこなす大木も、存在するだけでなにか意味をなすわけでもない〈地〉という名の微粒子。皆、誰かを欲している。私が君といたいように、彼らも自分に存在価値を与えてくれるなにかを欲しているはずなんだ。だけど。皆、それすらわからずに、佇んでいる。
 テレビから砂嵐が吹き荒れる。私の髪の毛を包んで異次元の風となて無重力空間へ消えてゆく。空気が無いという環境条件を改めて満たしてみると非常に快適なものだ。生の感覚はあという間に消失して、言語的解釈をするならば〈心が消える〉ような感覚。私が私でないような、私は私のはずなのに、私以外の私がいる。それを常に感じる状態を感じ取れるというのは、今のどうしようもない私にとて快感でしかない。私はとても嬉しい。もちろん、私はそれが幻想だて分かているけれど。
 私は、不眠症になたから、幻想を見るようになた。

 君がいなくなて二百六十九日経た。
 幻想は、半分現実になりかけていた。私は時々、私を見る。私は、その日その日で私の服装にチンジして、その日その日の心境にエクスチンジする。普通の私は、別の私の事を感じ取れる。彼女が何を感じて、何を欲しているのか。鏡の前に立つと、私はようやく一つになる。一般的世界で見ると、鏡の向こうには自分がいるということになるが私に関して言えばその反射だ。鏡の前に立つことで私と私が一つになるがそれ以外の行的生活内では私と私は別行動をしている。だから私は鏡に反射しない。
 もちろん私には友人がいるのだけれど、友人は私の満たしたいものではない。だから未だに君を欲する気持ちに変わりはない。だけれど、友人にはしかりと接しなければならないと最近自覚した。私の奇悪評が出てきているからだ。私は、一方で一戸建てマンシンに火災を巻き起こした上でそれを消化したり、一方でリサイクル・シプやオール・ヒクイン・シプで商品を一つ残らず木端微塵にした挙句それに見合たぴたりの現金をパンに挟んで設置したり、兎に角意味の分からない奇行を行ていたようだ。私の勝手な推測だが、私は私のストレス体現者なのではないかと考える。彼女は私の内部に溜また言霊なのか心声のようなものを聴いて、それに見合た快感を得ることのできる行為を行う。つまり、私は私によて生かされているようなものだ。
 一人蹲ていたら、小さな本棚に絵本を見つけた。
〈Mother Goose〉と書かれた片手でも読めそうな童話集。以前彼が海外旅行の際に私へのプレゼントとして購入してくれたものだ。一ページだけ青いカードが挟み込まれている。
「Happy birthday to you」おめでとう、あなたは生まれた。そう、私から私が生まれたの、つい先日。幸せなんか感じていない。私は私に苦労している。私は私なんていらないのになんで私は私を産んだの?私は君といたいだけなのに。
「For want of a nail」釘が無いから。釘が無いからそこから負の連鎖が繋がて行く。私と君のようにマイナス螺旋は下り坂になていく。君はこうなることを暗示していたの?私の孤独化。私の複数化。私の狂化。そうなることが分かていたかのように感じるのは、もうしうがない事なんだね。君はこの本を私に送りつけた。それがこの負の連鎖の開始なのだとしたら……私は何を信じればいいの?君?私?それとも……
 私は、幻想を見るようになたから、誰も信じられなくなた。

 君がいなくなて一年経た。君は戻てこない。
 今日は学校を休んだ。それどころじない、私の中に溜また言霊が何処かへ出たがているのを本能的に感じた。安心できる場所が無かた。ベドの上、浴室の中、便座の上。どこに居ても、それを本当に発散させようという気にはならなかた。君がいないフローリングは、とても冷たい。
 だが、インスピレーンは突然訪れた。それはまさしくテレビとビデオデキと、ステレオの安いアンプがあるリビングだた。そこに敷いてある座布団に立つだけで、それは泉のように湧いた。
 そこは、カフの中。三百五十円の割高ミクスコーヒーと銘打たただのコーヒー牛乳を購入して席に着いたとき、彼はやてきた。私は、彼と私に挟まれるように座た。
 思えば、君があんな約束をするからだ。「一年で帰てくる」なんて、言わなきよかたのに。言わなき、私が待つことなんてなかたのに。
 二人の声が聞こえる。それは当然のことだ。あとはカフの音楽だけ。
 私の声が君に届くことなんてない。
 どうせ、私は私じない。
 ここには、私と君と私しかいない。
 私は、突発的に詠いだした。

「なんとかしたい。そう思うだけで何か行動ができるわけじない。
……だけどなんとかこの状況を打破したい。その想いだけでここに立ている……私は誰?
 ただ彼と私が会話をする普遍的事実に存在する霊威の様なもの。私は存在できないもの。私は誰?
 私に声は無く結果的に彼らの声を聞くだけのつまらない、おもち。彼は言う「君は立派だ」て。だけど違う私には何もできないそう私は笑てることしかできないただの存在。ただ流れるラパとヴイオリンとドラムと声を聞くことしかできない……私は誰?
 そう思うことで空ぽの頭を何とか保とうとする。意識のない脳を動かすには命令と使命が一番だ。それを絶えず与えなければ細胞は死滅するがそれを与えれば、私は生きられる。私は生きるためなら何でもする。私は生に貪欲な人間だ。私は、人間じない。私は、誰?
 今の私が人間じないのなら座て彼と話す私は人間なのだろう。私は拒否するすべてを拒否する。私にしかできないことだてあたはずなのに私は何もできない。彼は帰てこない。私は彼を愛していたのに。なんで帰てこないの? 呟いた声は誰の耳にも届かない。なぜなら私は人間じないから……私は誰?
 傷ついた心が回することなんて一生ない。私が私にならない限り、私が人間にならない限り私の心が癒されることなんてない。私を癒せるのは私だけなの。私が癒せるのは私だけなの。私を癒せるのはあなただけなの……私は誰?
 蜃気楼のように私は時機に消えるだろう。それは誰のせいでもなくただ私の自己顕示欲と自己安定ホルモン剤を打ちこんだ心が暴走しただけ。消失しただけ。融解しただけ。彼のせいじない彼のせいじない彼のせいじない。彼が帰てこないから私が狂たんじない。彼がいないから私の心が消えたんじない。私が、私自身が身勝手に堕落しただけ……私は誰?
………………もう行くよ私は戻てこれない。これ以上考えられない、そうしたら脳のオーバーヒートとオーバードライブで勝手にウンドウは閉じシトダウン、ゲームオーバー。私に残された道はそれしかないの私にできるのはそれしかないの。わたしにできるのは、〈狂う〉しかないの……私は私の心で、私はあなたを欲して、私は消えることを決めた可哀相な存在。
 さよなら」

 私が狂たのは、

 すべては、君がいなくなたせい。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない