てきすとぽいトップページへ
第40回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1 «〔 作品2 〕» 3  14 
夏休みの日記
大沢愛
 投稿時刻 : 2017.08.19 22:00 最終更新 : 2017.08.19 22:07
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2017.08.19 22:07:05
- 2017.08.19 22:00:52
夏休みの日記
大沢愛


 八月七日 志村清彦
 最初のページに書くのは緊張する。ここは暗いし、この鉛筆は先が丸くて書きにくい。もしかしてコレて鉛筆削りじなくてナイフで削てるのかな。やばい。なんかすごいリアルだ。どうなるんだろう。

 八月七日 得津翔
 うーす。二ゲト。なんかヘンな臭いするなここ。なんでもいいんだよな、書けば。そら書いた。さてと、カマンベイベー

 八月七日 仁井田芳照
 今着きました。外は蒸し暑いのに、この中はひんやりしてる。先に着いた人が二人いるんだよね。途中で出会わなかたから、まだ中にいるのかな。探してきます。

 八月七日 小見拓斗
 うそくせー。ネトで昨日の晩になていきなり盛り上がるとか、裏に何がいるんだよ。俺は話が分かる方だから、いかみさせてくんない? とりあえず書いたし。

 八月七日 中埜凛
 みんなどこいたの。怒るよ。私一人こんなとこに残して。どうせ祐司でし。あれだけ書けてうるさかたのに、誰も書いてないて信じられない。絶対許さないからね。

 八月七日 祖父江祐司
 え? 凛、先に来てたの? 凛がいなくなたから俺ら皆で探してたのに。それにしち修人も翼も洋もいなくなるし。もしかして俺だけハメられてるの? 冗談キツいわ。おーい、どこいたー

 八月七日 有安修人
 おい待てよ。確かこのページの最後てこの小見てやつだたよな? 俺、目を離したのほんの数秒だぞ? なんで凛と祐司が書いてんだよ。ち、やべーぞここ。車の鍵は洋だよな? とりあえず離れようぜ。

 八月七日 伊馬部洋
 おまえらいい加減にしろよな。あのアルフド、親父の車なんだぞ。俺のケツポケのキー、いつの間にか抜き取りやがて。ぶつけて凹まされたら俺、親父に半殺しにされるわ。なあ、勘弁してくれよもう。おーい?

 八月七日(いや八日?) 芳沢陽一郎
 ここに来るまでは山の中の一本道だから、もしここまでの日付が今年のものだとしたら八人がまだここにいることになる。LEDライトでくまなく探したけれど、人はいない。足跡はここに入て来るだけで、出て行たものはない。本物か。すごいぞこれは。

 八月八日 能美亮一
 はきり言てデマだと思ていた。〇〇山中腹の廃ホテル「夏休みの日記の怪」なんて。夏休み中にここを訪れて、受付カウンターに置かれたノートに日付と名前、ひとことを書けば何かが起きるとか。やられた。一文字書くたびに足元が見えなくなてくる。これは鉛筆じない。芯に見えるのは、俺の
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない