てきすとぽいトップページへ
第41回 てきすとぽい杯
 1  8  9 «〔 作品10 〕
エンディングは霧の彼方へ
 投稿時刻 : 2017.10.14 23:56 最終更新 : 2017.10.15 00:35
 字数 : 2432
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2017.10.15 00:35:13
- 2017.10.15 00:09:40
- 2017.10.14 23:56:17
エンディングは霧の彼方へ
白取よしひと


(フラブが眼に痛い)
 パパラチの群れをかき分けて、スタジオ入りするとシリルは既にスタンバイしていて、シプに剃た眉をつり上げた。
「もう、なん分待たせれば気がすむの!」
 渋滞でおくれたのは僕だが、どうもこの高慢ちきな女は虫が好かない。それでも、新進のこちと違てあちらさんは、ハリウドの看板女優だから勝ち目なんてないさ。
「ルデ。時間が押してるからすぐスタンバてくれ!」
 監督もシリルには特別扱いだ。それは、彼女がGエンターメントの看板女優だからと思ていた。
 今日はラストシーンの前撮りだ。喧嘩別れした部屋で、口をとがらせたカレンは、それでいて茫然としている。すると、開け放たれたマンシンの窓から、静かな音楽がきこえてくる。微かな音に耳をすませる。それは、二人で行た映画「ムーンリバー」のテーマソングだた。高ぶた胸が鎮まると、彼の抜け殻を部屋に探し目を漂わせた。
(彼のノー……
 静かにめくると、それは彼の思い出のメモだた。バカンス、映画、ダンスパー。楽しかた想い出が綴られている。そして、それは終わりに近づくにつれ悲しみへと変わていた。
『この悲しみや、つらさを終わらせることができるのなら、彼女の前から立ち去ろう。それが、ただひとつのできることなら、そうしよう。だけれど、これはエンデングノートなんかじない。僕は、いつまでも彼女を愛しているのだから」
(マーク!)
 私はとんでもない過ちを犯してしまたんだわ。彼を不幸にしていたのは私だたのよ。
 そのとき、ドアがノクされた。聞きおぼえのある。大切な人の音だ。
「ごめん。忘れものをしてしま……
「忘れもの……私じないの?」
「カレン……
 そういて、彼のノートを差し出した。これは決してエンデングノートなんかじない。
 二人は強く抱きしめあい。失いかけたそのぬくもりを確かめあた。
「OK!カート!」
「よかたよ!すこし休んでくれ」
 すると、休憩を待ていたかのように貫禄のある声がスタジオに響いた。
「あ。よかたよシリル!」
 それは、Gエンター社長のモリスンさんだた。モリスンが歩み寄るとシリルは抱きつき頬にキスをした。
「モリスンさん。こんにちは」
「やあ、ルデ。がんばてるようだね」
 撮影は夜中にまでおよんだが順調にすすんでいる。ホテルへは寝るだけのために戻ているようなもんだから、ベドに入ると、すぐに朝を迎えた気がする。
 寝ぼけまなこで新聞をひろげると、その眠気もぶ飛んだ。
(シリルとモリスンが不倫だて!)
 昨日のパパラチはそれを嗅ぎつけていたんだ。
 その時、ベドサイドの電話が鳴た。
『モリスンさまからです』
「はい。ルデです」
 それは、モリスンからのデスボイスだた。
 彼は、シリルとの恋愛相手は僕だたことにしてくれと言てきた。それに従わないなら、契約を打ち切ると言うのだ。やと掴んだ俳優のチンスだ。僕は逃したくなくて、それを了承した。
 テレビでは、モリスンが釈明会見を開いていた。そこにはシリルも一緒に座ている。モリスンは、この映画はトルーラブストーリーだと豪語した。このスキンダルを、宣伝に利用しているのだ。シリルは横で幸せな女性を演じている。
 テレビの箱の外にいる自分はピエロなのか?自分は仕事欲しさに、不倫の片棒を担いでしまたんだ。憤りじない。このやり切れない気持ちは、いつのまにか感じていた彼女への憧れだたと気付いて僕は茫然とした。
 その後、ルデが失踪して撮影現場はパニクに陥た。パニクになたのは、現場だけじない。シリルも同じだた。ゴシプ記事は何とか演じて切り抜けてみたものの、その彼氏が失踪したことで、またパパラチに追い回されるようになた。新聞の見出しには、ムービースターの破局と掲載されている。
「まいたよ。破局カプルの共演なんかじ。興行成績も伸びやしない」
 それはモリスンの言葉だた。彼はいつも金儲けのことしか考えてはいない。
(私はただの飾りなんだわ )
 テレビでは、モリスンフミリーの映像が流れていた。かわいい犬を連れた娘たちと笑て歩いている。
 シリルは浴室に入ると、手首にカミソリをあてた。

 モノクロームのテレビジンでは、僕らのニスが流れている。彼女は大変な思いをしているだろう。元気な顔を確かめるだけでいい。そう思うと、いてもたてもられなくなり、彼女のホテルを訪問した。
 ノクしたが返事がない。胸騒ぎがした僕は、フロントに頼んでドアを開けてもらうとそこには倒れたシリルがいた。
 傷の浅かたシリルに大事はなかたが、精神的にまいている。僕はできる限りのことをしようと決めて毎日通た。
 元気を取り戻したある日、彼女はGエンターテイメントとの契約を破棄すると申し出た。そこでモリスンとの真実も暴露したのだ。これがマスコミに漏れて、各社一面に報じられる。モリスンの人望は失われ、Gエンターの株は暴落した。
 ある日、シリルに業界二位のシネマワールド社からオフがあた。先方の申し出は、独占契約をする代わりに、Gエンターとの違約金を補填する内容だた。彼女が同意の意思を示すと、シネマ社長のアレクスはモリスンと交渉した。
「『エンデングは霧の彼方に』の配給権を譲てくれないか?」
 このままでは配給もできないフルムだ。経営困難に陥ていたモリスンは承諾をした。
「アレクス。もうひとつ条件を伝えるのを忘れていたわ」
「条件……? 何だね?」
「ルデとも契約をして欲しいの。それが条件よ」
 彼は笑た。僕もそのつもりだたと。
 シリルたての希望で、ラストシーンを撮り直した。ドアで二人が抱擁するシーン。演技ではなく、それが二人のフストキスだ。エンデングはどうなるか分からない。それは霧の彼方で、思いもしない結末を演出してくれる。それが人生さ。
 ルデは、そうおもた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない