てきすとぽいトップページへ
第41回 てきすとぽい杯
〔 作品1 〕» 2  10 
上京乗り鉄記
 投稿時刻 : 2017.10.14 23:14
 字数 : 900
5
投票しない
上京乗り鉄記
ひやとい


 嫁がデトロイト・メタル・シテをまた見返している。相当気に入ているようで、暇があれば見ている。
「貴様の罪はー、俺が罰するー
 嫁が主人公のデスボイスを真似て口ずさみながら見ている。すかりあきれて、ひたすらネトに没頭することにした。
 こないだ5ちんという名前に変わた2ちんを見ていると、一部の撮り鉄の、非常識な行為を取り上げているスレドがあた。
 見ているうち、上京した時のことを思い出す。

 札幌から3度目の上京を果たしたバブル期、ちとした乗り鉄になていた時期があた。
 札幌には私鉄がない。あるのはJRと市営交通だけだ。物珍しさにつられ、ほいほいといろんな路線に乗た。1,2度目は仕事の事情でそんな暇はなかたので、今度の上京では東京を楽しもうという気分にもなていた。
 上京して住まいのない身には土方の仕事で寮に入り10日間の労働契約で金を稼ぐのがありがたかた。そうした事情もあて、ちとした旅のつもりで、気に入らなくなれば出ていき、いろんなところに行た。バブルの恩恵を比較的受けなかた方だが、次々と働く場所を簡単に変えられたことには感謝している。
 しばらくそんなことをしていると、路線ごとに風景の色が違ているのが見えた。
 言葉にしにくいが、京王線と小田急線は同系統、東急は少し落ち着いた感じ、西武線は活気があり、一番なぜか落ち着く色あいだたのが東武、それも東上線だた。
 そのせいかわからないが、何度目かわからない転職を繰り返すと、落ち着いた先は東上線だた。自衛隊時代に知り合た知人に沿線住人がいて、そいつと仲良くなてタイミングよく一緒に住むことになたからだ。
 いろいろあて時期は短かたが、そのまま地域に腰をおちつけることになた。
 それから長い間、東京から埼玉に引越しもしたが、仕事もしやすかたので、東上線には数年前までお世話になることになた。
東上線のあの色が呼んでいたのか。
いまとなては不思議だ。
 
「ねえ、ごはん食べよー
 妻に言われ、回想から引き戻された。わかたと言い食事の用意をする。

 それから年を取て東上線から離れる身になたが、たまには行くこともある。


 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない