てきすとぽいトップページへ

第42回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉


 
一覧ページにコメントされました。
2017.12.10 00:05
プロフィール画像
皆さま、ご参加まことにありがとうございました!
制限時間の後も、投稿は可能となっております(集計対象からは外れますが、読者投票の対象となります)ので、時間に間に合わなかった、という方も、どうかお気になさらず、投稿していってくださるととても嬉しく思います。

よろしければ引き続き、審査と感想チャット会にもご参加くださいませ。

『軛(くびき)を断つ』にコメントされました。
2017.12.16 21:44
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
良い台詞でした!時代劇のこういう台詞はやっぱりしびれますね!

プロフィール画像
2017.12.16 22:33
てきすとぽい @textpoi
本日の感想チャット会は、白組会場ページにて行います。
22:30より開始予定です。どうぞお気軽にお立ち寄りください!
http://text-poi.net/vote/144/chat.html

一覧ページにコメントされました。
2017.12.17 00:43
プロフィール画像
こちらの作品を、時間外の投稿として順位集計の対象外とさせていただきたいと思います。どうかご了承くださいませ。
ご参加ありがとうございました!

  『運命を知る男たち』 ポキポキ7Coupé2000XE @fumitaji さんの作品
  http://text-poi.net/vote/143/7/

一覧ページにコメントされました。
2017.12.17 00:44
プロフィール画像
時間外投稿の作品は、集計時に順位対象外となりますので、投票の際は普通の作品と同じようにご投票ください。

『最後まで聞けって』にコメントされました。
2017.12.17 07:11
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
最後まで一気に読ませる力量はさすがです。バトルやアクションの描写に関しては固定された視点をカットバックで繋いでいるので静的に感じます。自分は決め台詞で落ちるまでの段差がもう少しあればもっと気持ちよかったです。

『被観察者たち』にコメントされました。
2017.12.17 07:32
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
主人公が歩き出した意味が逃げるためではなく生きるためだと感じられて心地良かったです。一緒の相手が人間ではなく(おそらく火星で別途進化した)動物だという点も惑星に住むひとつの種だと考えられて想像力が広がりました。一般小説としては真っ当な作品だと思います。アクション小説として見ると、真ん中らへんの主人公の想いが危機感を分断していると感じました。

『軛(くびき)を断つ』にコメントされました。
2017.12.17 07:45
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
アクションが容易に浮かぶ見事な描写です。真面目に感心しました。アクションシーンと回想シーンの視点移動の差にメリハリがあって読むリズムが心地よいです。決め台詞に関してはモノローグのほうがそれっぽいと思いました。

『乾杯しましょう』にコメントされました。
2017.12.17 08:22
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
アクションを際立たせるのは静と動の描写ですが、この作品の優れている部分はグラスの破片でしっかりと静を描写したところです。そこから再び動に移りますがエンディングに繋がる抑え気味のリプライズになっているので余韻を残したまま物語を俯瞰できます。読者へのサインが丁寧なのは相変わらず見事です。決め台詞がさり気なくアクション小説として外連味が足りないかなとは思いました。

『体操戦士』にコメントされました。
2017.12.17 08:28
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ミニマルな作品ですが課題が過不足なく描写されています。一般小説に近い作品が多い中、正しいアクション小説だと思います。

『兄さんは甘いよ。』にコメントされました。
2017.12.17 16:39
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
キャラの性格付けも決め台詞へ至る構成もしっかりしていて骨太な印象を受けました。アクション小説よりも一般小説に近い、少し俯瞰したバトル描写だったと思います。構えたまま終わった兄の描写に逃れられない運命の力強さを感じて、こちらのほうがバトル感があるとも思いました。存在感があって印象に残る作品です。


チャットに参加するには、ログインしてください。