てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
候補作品一覧
我関せず焉
 投稿時刻 : 2017.12.09 23:16
 字数 : 1605
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
自分が何者なのかは他者の認知があって初めて成立するものなので、存在を証明されないもどかしさは読んでいて辛かったです。永遠に終わりがこない自己証明の果てに戦いたいという願望が抽出されていく様は美しかったです。すでに消えているのに消えてしまいたいと語るモノローグに、自己認識の折り合いがつけられない問題が掲示されていたように思います。自分であれ他者であれ、対象が曖昧な頭脳戦は興味深かったです。



ネタバレを含む