てきすとぽいトップページへ
第45回 てきすとぽい杯
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13 
新婚生活始めました。
 投稿時刻 : 2018.06.17 00:00 最終更新 : 2018.06.17 16:48
 字数 : 1800
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2018.06.17 16:48:59
- 2018.06.17 07:30:07
- 2018.06.17 06:37:23
- 2018.06.17 06:36:17
- 2018.06.17 06:35:04
- 2018.06.17 00:00:03
新婚生活始めました。
たかはし


 はじめまして。妹の婿です。

 僕の聞き間違いでなければ、確かに義兄さんは言たんです、「私の家にも、宝といては、妹と羊だけだ。他には、何も無い。全部あげよう」て。全部です、全部。間違いなく。

 で、義兄はその翌朝に、真青な顔で飛び出していたんです。何事かと思ていたら、シラクサからネト通販の薄い本を運んできたクロネコヤマトの人が、あの男は王城に刃物を持て侵入したところを取り押さえられて、今は友達を人質にして仮釈放中なんだけれども、その期限が今日の日中いぱいだから急いでいるんだ、でもまだこの村にいたとはねえ、とスマホを見ながら教えてくれました。因みに薄い本を注文していたのは義兄です。

 僕と妻はシクを受けました。「メロスの弟になたことを誇てくれ」とまで言ていた義兄が、銃刀法違反及び殺人予備罪で逮捕されていたという事実があまりにも重かたからです。

 それに、普通友達を人質に差し出しませんよね。百歩譲ても、自分で友人を人質に差し出しておいて、それを助けに行くのて、普通ていうか最低限ですよね。でも、「メロスの弟になたことを誇てくれ」て言てたんですよ義兄さんは。

 でもまあ、言ても妻の肉親じないですか。やぱりちとグとくる部分があて、妻と二人で犯罪者の冥福をささやかに祈ていたら、「ただいま疲れたわしんどいわて言て家に入てきたんですよ、処刑されたはずのメロス義兄さんが。

 で、義兄さんは大型テレビの前にある二人掛けのソフにゴローて横になて、そのまま鼾かいて寝始めたんですよ。妻と二人でポカーンと顔を見合わせて、一応、ああ、生きててくれたんだ。とちとホとしたんだけど、細かい経緯も気になるし、ひとしたら犯人隠避罪になるかもしれないし、そもそもここもう俺たち夫婦の家だよね?言た方がよくない?最初が肝心だよ?この勢いで居つかれると面倒だし、て二人で話をして、妻に義兄さんを揺り起こしてもらたんです。

 目を覚ました義兄さんはすごい不機嫌で、昨日は起こしてくれなかたくせにだの、喉が渇いただの、帰りも泳いだから生乾きの服が気持ち悪いだの言て、着ていた作業着を脱いで、これ洗といてーて僕の妻に投げるんです。胸のところに「セリぬん石材 フロストラトス」て刺繍が入てる作業着を。

 さすがに僕は言たんですよ。「ちと、義兄さん」て、妻と義兄の間に立て。今まではそれでよかたのかもしれませんけど、今はこの家全部僕たち若い夫婦のものです。御兄さんはどこかで一人暮らしされるようなお話でしたよね?と勇気を出して言いました。妻はちと困た顔していましたが、それは多分義兄に対してだと思います。

 で、ここからが本題なんですが、僕の話をじと聞いていた義兄さんは、そのあと急に大笑いを始めたんです。で、「今からお前に国語を教えてやるよ」て言うんです。

 メロス義兄さんはまず、「俺が言た、『私の家にも、宝といては、妹と羊だけだ。他には、何も無い。全部あげよう』て、文字におこしてよく読んでみてよ」て言たから、その通り羊皮紙に書いて、音読したんです。そしたら義兄さんは、その一字一句を指さしながら、この文章のどこをどう読んだらこの家をあげる、ていう解釈になるの?家の中にあるものの話しかしてないじん。て言うんですよ。確かに文法上はそうでも、ひどくないですか?

 でも、家の中のものは、て食い下がたら、今度は『宝といては、妹と羊だけだ。他には、何も無い。全部あげよう』ていう部分を指さして、宝を全部あげる。その宝とは、妹と羊だけだて意味でし?他の物は宝じないから何もあげないよ。て言うんです。

 それは詭弁じないですか、じあ僕と妻はどこでどう生活すればいいんですか、て言たら義兄さんは銀のお盆を足元にバーンて叩きつけて、それくらいの支度をしてから結婚するのが常識なんじないの!?て怒り出したんですよ。いきなり夜中にやてきて、結婚式を明日にしてくれ、て食い下がた挙句に「支度がないのはお互い様さ」とまさかの引き分け発言をした義兄が。

 ということで僕は今夜、羊小屋にもぐり込んで、死んだように深く眠る予定です。

 僕はこれから先、どうしたらいいでしうか?ベストアンサーには羊を差し上げます。



#セリぬん
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない