てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
世紀末UFOビーチボール仮面、誕生!
 投稿時刻 : 2018.08.30 03:06
 字数 : 2457
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2018.09.01 12:06
たかはし @eagleduck
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
笑いました。
ハカセとワタル青年の関係性が「鉄人28号音声入力説」を想起させました。
そんな上下関係を強いられながら「孤独な時間を忘れられた」と話すワタル青年にとてもシンパシーを感じます。彼はヒーローになったことよりも、ヒーローになることで社会とつながることができたことに満足感を得ている点も興味深いです。
ワタル青年は晴れてハカセの一級の奴隷になったのですね。蜘蛛怪人の奴隷とどっちがシアワセったのでしょうか?
特撮ヒーロー設定にブラック企業的なユーモアが内包れてているのが秀逸でした。



ネタバレを含む