てきすとぽいトップページへ
第46回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  13  14 «〔 作品15 〕
ギガメガ絶滅大戦クロース・トゥ・ユー
 投稿時刻 : 2018.08.19 15:05
 字数 : 1000
〔集計対象外〕
5
投票しない
ギガメガ絶滅大戦クロース・トゥ・ユー
多千花香華子


宇宙には謎とロマンがある。
 そして嘘で塗り固めた人生。
 華沙凛(きさりん)を愛していた。
 それも嘘だ。
 いややぱりホントだたかも。
 大銀河休暇法の施行により、汎地球圏は十世紀の休暇期間に入た。
 人間の寿命は二百五十年、これから何世代も人類は楽園期を送ることになる。
 それが超銀河のギガコード。
 抗うことは無意味だ。
 生きとし生ける生命体にとて生は趣味。
 軽い気持ちで生きていける。
 それが超銀河のメガコードだた。
 その日、俺と華沙凛は大脳辺縁系で長いニロバカンスを楽しんでいた。
 めくるめくオーロラ、白銀の大氷河。
 飽きることのない超絶眺望と、絶え間なく幸福感を送り込む五感の刺激。
 そんな幸福は突如として終わりを告げた。
 俺たちの超銀河の裏側にあたメサ銀河団連合が一方的な休暇返上を宣言したのだた。
 いや働きたいなら勝手に働けばいいのだが、困たことにすべてが自動化された世界にあてはすでにまともな労働などなかた。
 ヒマを持て余したメサ銀河の構成員たちは、裏側にある俺たち超銀河世界にマニアル戦争をしかけてきやがた!
 いきなり百億の恒星系が滅ぼされちたもんで、ちと大騒ぎさ。
 そんな絶滅大戦争の大波が汎地球圏にも迫てきた。
 リンボワールドでのフクバカンスも終わりだ。
 俺の目の前で華沙凛が分解され、再構成されてしまた。
 彼女の言い分では、なんとなく住民投票でメサ銀河団を統べる大総統に選ばれてしまたらしい。
 俺は最新プロプシステムのおかげで、なんとか危機を脱した。
 果てしない宇宙の逃亡者となた俺は、六つの数字を当てれば、那由多円の当たる宝くじを売て放浪した。
 もちろん詐欺だ。
 銀河は広く騙される超存在は多かた。
 表の超銀河団からは敵総統の配偶者として命を狙われ、裏のメサ銀河団からは総統の過去を細かく知る目障りな存在として命を狙われる。
 そんな儚い人生にも転機が訪れる。
 賭けに負けて飛び込んだ恒星VG5785の中心に隠された超兵器バスタースペーサー
 俺はそれを手に入れた。
 さあてこれからが反撃だぜ!
 俺は表の超銀河団、裏のメサ銀河団両方に対して宣戦布告をした。
 報復として超銀河団は二百二十才になる俺の親父を銀河総督にしやがた!
 ちくしう、恥ずかしいあることないこと全銀河に吹聴しやがて!
 親父と嫁に挟まれて俺は宇宙を駆ける。
 人生は嘘の連続だ。
 だが、真実はここにある。
 知りたければ、俺とともに来い!
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない