てきすとぽいトップページへ
遊び場
〔 作品1 〕» 2  17 
勇者の敗北から始まる物語
 投稿時刻 : 2019.05.17 19:44
 字数 : 1577
5
投票しない
勇者の敗北から始まる物語
バルバルサン


「勇者様! どこにいらるのですか? 」
「ん?マリアーゼか。ここにいるぞ」
「ここてどこです! また屋上ですか? 」
「ああそうだ。上見て見ろよ」
「あ、見つけました。探しましたよ」
「君も上がてこいよ。星空がきれいだぜ」
「また眺めていたのですか?」
「ああ、そうだよ。」
「本当に星空が好きなんですね。少し待ていてください。そちに行きますから」
「お、ココアも持てきてくれたんだな」
「はい。温かくて、甘ーいココアです。どうぞ」
「君の淹れるココアは本当においしいから嬉しいぜ……て、アチチ! 」
「あ、勇者さまたら」
「ははは、かこ悪い所見せちたね。じ、一緒に星を見ようか」
「はい。ご一緒いたします」
「今日も、本当にきれいな星空だ」
「はい。キラキラと輝いていて……本当に綺麗」
「この星空に輝く星……違う世界でも、それは変わらないな
「あ! 今、流れ星が! 」
「ほんとだ。しまたな。願い事をし忘れた……
「何を言ているんですか? 流れ星は星空の女神の涙です。きと、星空の女神様に悲しいことがあたに違いありません」
「あーそういや、こちにはそういう風習が無いんだたな」
「風習ですか。勇者様の故郷の、ちー? ち……何でしたけ? そこの風習なのですか? 」
「そうだ。流れ星に、三回願い事をすれば、願い叶うていうね」
「へ。変わていますね。では、勇者さまはどんな願い事を?」
……故郷に、帰る事」
「え、で、でも」
「わかてる。俺は、君が信仰する女神に、生き返らせてもらう代わりに、違う世界に飛ばされた。もう死んでいる俺が、元の世界に戻ることは……できない。でも! この世界を救た後、もし女神に会えたら……元の世界に、帰りたい。それを願うくらい、自由だろ? 」
「勇者様……
「なあ、シスター・マリアーゼ。君にお願いがある」
「何でしう」
「俺のことを、ヒロキと呼んでくれ」
「え? 」
「俺の名前は、勇者じない。ヒロキ。ダイモンジヒロキ。お願いだ。今だけでいい。勇者としての俺ではなく、ただのヒロキで居させてくれ」
……はい。ヒロキ様」



「う…………!ハ、ハ
「起きたか。勇者」
「なぜ、殺さなかた。気絶しているうちに、殺せたはずだ」
「確かに殺せた……が、そんな卑怯な真似、魔王たる私ができるわけが無いだろう」
ふ。騎士道精神てやつか? 」
「そんなところだ。さあ、休憩は十分か?」
「ああ。十分だ。行くぞ! 」
「こい! 」



「私の、勝ちだ」
「ぐ…………
「残念だ。出会いが違えば、友人になれたかもしれないのに」
「は……はは。確かにな……お前ほど、正々堂々とした奴は初めてだ」
「何か、言い残すことはあるか? 」
……この部屋の外に、シスターがいる。そいつは、見逃せ」
「わかた。体が辛いだろう。一撃で、あの世へ送ろう」


「命の限り魔王と戦い、命の限り何かを守り……君は確かに勇者だたよ。名前、聞いておくべきだたかな」
「は、は……勇者様! 起きてください、勇者様! 」
「君が勇者の言ていたシスターか」
「ま、魔王……よくも、よくも勇者様……ヒロキ様を! 」
「ヒロキ……か。そうか、彼が」
……私を、殺さないのですか」
「勇者ヒロキとの約束だ。君は見逃す」
…………ぐす」
「星空をかける流星は、女神の涙」
「え、何を、言て」
「私の、前世の故郷では、流星に願い事を三回すれば、願いが叶うという」
……! あなた、まさか、ヒロキ様と同じ」
「勇者は死に、魔王が勝たこの世界に、未来はない。私は、この世界すべてを滅ぼす。が……私を止めたいのなら、勇者を目覚めさせたいのなら、女神の涙を三つ探すがいい。それで、君の願いをかなえろ」
……なぜ、私にそんなことを」
「さあね。ただ……私は、ハピーエンドが好きでね。シスターよ。弱いただの人よ。私を、止めてみせろ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない