てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
バルバルサン
@arutotto3448

居場所    : 
ホームページ : 

小説創作。アルトットンとしてちょっとしたものを。
とあるPBCサイトの、
とあるキャラの背後も少し。
エントリー作品
◆第53回 てきすとぽい杯
神代の山へ登るわけ(2578字)投稿時刻 : 2019.10.19 23:30
 山には、神様が住んでいるという。
 俺がガキの頃は、高い山には神様が住んでいるとよく言われた。 ...
◆第9回 文藝マガジン文戯杯「お薬」
母のくれた、赤い薬(リンゴ)(4233字)
投稿時刻 : 2019.09.29 15:57
 お茶の間で皆が休みを楽しむ時間帯。テレビでは旅をしながら歴史の開設をする番組がやっている。 ...
◆遊び場
電車の窓から見えたのは(1090字)
投稿時刻 : 2019.05.27 13:39
 かたん、かたんと足元から音が鳴る、俺は窓に頬杖を突きながら窓の外を見る。外は、雄大な白で埋め尽くされていた。 ...
◆遊び場
土竜と呼ばれた男(1290字)投稿時刻 : 2019.05.18 18:49
 土竜という兵士がいた。彼は、穴掘りがとても上手かった。
 ザクザク、ザクザク、穴を掘るのが得意な兵士だ。ただ穴を掘るだけと侮るなか...
◆遊び場
勇者の敗北から始まる物語(1577字)
投稿時刻 : 2019.05.17 19:44
「勇者様! どこにいらっしゃるのですか? 」
「ん?マリアーゼか。ここにいるぞ」 ...
◆第7回 文藝マガジン文戯杯「COLORS」
イエローダイヤでカクテルを(3206字)
投稿時刻 : 2019.05.03 08:44
「驚いたか? 」
 そういう彼の表情は、いつも通りの裏表のない、キラキラという擬音がとても似...
◆第7回 文藝マガジン文戯杯「COLORS」
トマトが繋いだ絆(2192字)投稿時刻 : 2019.04.27 10:28
「トマトの冷製スープだ。飲んでみてくれ」
 料理人の彼が、私の誕生日に出してくれたのは、私の嫌いなトマト料理だった。 ...