てきすとぽいトップページへ
遊び場
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  17 
土竜と呼ばれた男
 投稿時刻 : 2019.05.18 18:49
 字数 : 1290
5
投票しない
土竜と呼ばれた男
バルバルサン


 土竜という兵士がいた。彼は、穴掘りがとても上手かた。
 ザクザク、ザクザク、穴を掘るのが得意な兵士だ。ただ穴を掘るだけと侮るなかれ。
 穴が無ければ塹壕は掘れない。穴が無ければ地雷も埋められない。戦争において、穴はとても重要なのだ。
 そんな彼とその仲間に与えられた特命があた。それは、穴を掘り、地下塹壕に取り残された兵士の脱出経路を確保せよと。
 土竜は穴を掘り始めた。場所は戦場から距離のある空き家。その床板を外して穴を掘り始める。
 手には愛用のスコプ、何度も使われ、擦り減り、鋭く剣ようになたスコプ。それを使い、穴を掘ていく。
 ザクザク、ザクザク、掘ていく。岩をどかし、石をどかし、とにかく掘ていく。
 ミミズなど地下の虫がスコプで切れて死ぬ。そんな事は関係なしに掘ていく。
 十メートル、の縦穴ができたら、次は横穴だ。仲間たちは地上へと土を運び、土竜が埋まらないように手助けをする。
 横に十メートル、百メートルと穴が伸びていく。何度も昼が訪れ、夜が訪れる。空には戦闘機が飛んで行き、砲撃の地響きが鳴る。
 その地響きで穴が崩れそうになるが、そこは土竜。穴掘りのプロだ。しかりと穴を補強し、穴が崩れないよう注意を払う。
 二百メートル、三百メートルと穴が伸びていく。そしてついに、向こう側へと到達した。
 穴が開いて、地上に出た彼の目に飛び込んできたのは、塹壕内、全滅した兵士たちの死臭だた。



 ザクザク、ザクザクと穴を掘る。ひたすら、ひたすら穴を掘る。
 今掘ているのは、仲間たちを弔う穴。
 あの後、危うく敵に掴まりそうになたが仲間の空爆に助けられ、穴を戻てなんとか逃げた。
 その後少しして、終戦の時を迎えた。戦争は終わたのだ。
 土竜は兵士として、死んでいた同胞や、敵が眠る墓の穴を掘る仕事に従事した。
 一人、一人の眠るための穴を掘る。ザクザク、ザクザク掘ていく。
 自分の寝る間も惜しんで穴を掘る。あの穴で救えなかた兵士たちのための穴を掘る。
 百や二百では収まらないほどの穴を掘り、一人一人の亡骸を埋めていく。ポンポン、ポンポン埋めていく。
 十年、二十年と時間がたても、彼が穴を掘ることをやめる事はなかた。
 掌はつぶれたマメでガツがちに固まていた。腕の筋肉が異様に硬く、鍛えられていた。



 四十年と時間が経た。ザクザク、ザクザクと穴を掘る。今掘ているのは、自分の眠る穴。
 そろそろ、寿命を迎えるだろうと思た土竜は、自分の眠る穴を掘ていた。
 ザクザク、ザクザク。穴が出来上がてく。そして、ついに穴が出来上がれば。
 ふらり。そう体が揺れて、ばたりと土の上に倒れた。土竜と呼ばれた男。穴の中で死ぬ。
 その死に顔は、本当に穏やかなものだた。彼は、穴を掘るために生まれ、穴を掘て逝たのだ。



 ザクザク、ザクザクと穴を掘る。今掘ているのは地獄の穴。兵士として殺しもしていた土竜は、地獄で穴を掘ていた。
 その表情は、他の地獄の亡者とは違て、かなり明るいものだ。彼としては、穴を掘れれば、そこが地獄でも、天国と同じらしい。
 ザクザク、ザクザクと。いつまでも、穴を掘ていた。
 いつまでも、いつまでも……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない