てきすとぽいトップページへ
遊び場
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  17 
バターロールパン
 投稿時刻 : 2019.05.18 13:43
 字数 : 598
5
投票しない
バターロールパン
ゆきな|根木珠


 木登りをしていると、枝で這う毛虫をみつけた。
 僕はそれを右手でつまみ、放り投げた。
 落下してゆく毛虫を、僕は見ていた。

 僕は夕方になると家に帰た。
 家では母が、酒を飲んですでに酔ていた。
 お腹がすいた僕は何か食べ物はないかと部屋中を探した。半分にちぎたパンが、テーブルの上に置いてあた。かさかさに乾いてかたくなたパンに、僕はかじりついた。味などないし、噛み切れないほどかたいが、食べ物があるだけマシだた。
 その間、母は、僕には目もくれず、ひたすら酒をあおていた。

 翌朝、街へ出かけていた。
 パン屋を見つけ、店に入た。
 バターロールやクロワサン、バゲトなど、様々なパンが並んでいた。
 さと店内に目を走らせた。
 それからバターロールをひとつポケトに突込み、そして何気ないふうを装てそのまま店をでた。
 バターロールにかじりつく。バターのかおりが口いぱいにひろがた。これはいける。次もまた、このパンにしよう。

 家に帰ると、暗い部屋の中で、何かがぶら下がていた。
 母が何かを吊るしたのだろうか。
 そんなところに、いたい何を?

 近づいて、よく見ると、それは母だた。
 母が、部屋の中で首を吊ているのだ。
 母の顔は見る影もなく紫色になている。首は伸び、舌は口をふさぐほど出ており、床は糞尿で汚れていた。

 僕は腹をさすた。
 そこには、むかし母に包丁で切りつけられたときの傷があた。

 そして僕は、快哉を叫んだ。
 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない