てきすとぽいトップページへ
遊び場
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  17 
ビューポイント
 投稿時刻 : 2019.05.19 07:16 最終更新 : 2019.05.19 07:29
 字数 : 1275
5
投票しない
更新履歴
- 2019.05.19 07:29:15
- 2019.05.19 07:25:50
- 2019.05.19 07:16:09
ビューポイント
小伏史央


「ぴかぴか光てばかりいるから、あれが星だと思ていたよ」
「   」
「けれども星ではなかたね。気付いたときには遅かた」
「   」
「気付いてなくても遅かたけど」
「   」
「びうびう、ごう、と風が鳴る。渦巻き描いて白くなる」
「   」
「白くなたら固また。お塩のような塊の」
「   」
「でもそれも雲じなかたんだね。私は何も知らなかた」
「   」
「空はすかり空じなかた。どこにも本物なんてなかた」
「   」
「わからなかたよ。この目が晴れるまでは」
「   」
「きみのことも人間だと思ていた」
「   」
「けれども実際は……



……ねえ、聞いてる?」
「あ、ごめん。なんだけ」
「またぼーとして。夏樹のこと!」
「ああ、ここでバイトしてるんだけ」
「そ。金魚すくいのとこでやてるんだて。行こ行こ」
「でも生き物はちと」
「まあ、遊ぶ必要はないんじない?」
「そうかな」
「そうだよ。ひやかしだよ」
「まあ、それくらいなら」
「全然客来なくて暇してるんだてさー
「なにか差し入れしてく?」
「お、いいね。焼きそばとか?」
「焼きそば通り過ぎたよ」
「あちにも見えるじん」
「でも列がすごいよ」
「あ、花火」
「もうそんな時間なんだ」
「あはは。見えねー
「音だけだね」
「お、あち行たら見えるぽい」
「夏樹のとこと真逆だけど」
「いいじん。あちの空いてるとこの焼きそばも買てこうよ」
「そうだね」
「ほら早く」
「おおー、見えるね」
「土星だ!」
「今度は鈴の形」
「一貫性がないな
「でも綺麗だね」
「綺麗だ」



「ハロー
「よー遅かたじん」
「花火見てたんだ」
「これ差し入れ」
「お、ありがと」
「これ金魚?」
「あはは。見えねー
「うるさいな。金魚ていえば金魚なんだよ」
「こり客も寄り付かないわ」
「でも生き物ではあるんでし?」
「さあ、バイト程度には詳しいことはわからん」
「でも生き物じないと生きてないでし
「それなー
「ちとすくてみようかな」
「さき遊ばないて言てたじん」
「なんか見てたら気が変わて」
「すくたら育てるの?」
「すくえなくても一匹はあげるよ」
「うん。育てようかな」
「趣味悪いねえ」
「はい」
「はい。まいど」
「あ、水面に花火が映てる」
「こからじ花火見えないはずだけど。あれ、ほんとだ」
「角度の問題じない?」
「そうなのかな」
「お、上手いじん」
「えへへ」
「やぱ金魚に見えないよこれ」
「いいんだよ。金魚ぽければそれで」
「金魚ぽくもないでし
「でも育てるよ。生き物だから」
「推定だけどな」
「店番しながら何してたの?」
「うーん。星見てたかな」
「星?」
「ほら、明るいけど見えるんだよ」
「ほんとだー
「ここ、花火は見えないけど花火の光のもやみたいなとこは見えるね」
「そうでし。でも星も鮮明に見える」
「不思議ー
「自然の神秘だよ」



「やめて」
「   」
「たとえとくに終わていたとしても、あのとき確かに生きていた」
「   」
「たとえ何もかも偽物だたとしても、私は幸せだたのに」
「   」
「この目は開いてしまた」
「   」
「この目を開かせたきみを決して許さない」
「   」
「許さないから」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない