てきすとぽいトップページへ
遊び場
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  17 
ラミア
 投稿時刻 : 2019.05.19 13:22
 字数 : 735
5
投票しない
ラミア
住谷 ねこ


電車に乗ていると、おとなしく本を読んでいたラミアが
「おばあちん、今までで一番悲しかたことはなあに?」と聞く。
黒な瞳、真黒な髪、そして真黒な肌。
ラミアの母親はアフリカのなんとかていう部族の娘だ。

息子はなんだてそんな遠い国の、ほとんど裸族といていいほどの
文明もなにもありそうもない小さな村の娘とそんな関係になたのか

てしまたものは仕方ないとはいえ息子は放浪の旅をしたあげくそうなて、
そのままそのアフリカの何とか部族で、ほぼ裸で暮らすつもりだたらしいが、
ラミアの母親がラミアを生んですぐ亡くなてしまい、面倒なことにその部族では純粋な部族民しか受け付けず、ラミアの母がいなくなた以上、よその国の男と半分しか部族の血の入ていない娘は村においておけないとかなんとかで追い出され、しかたなくまだ生まれてまもないラミアを連れて帰国を余儀なくされ、いくところもないまま家に戻てきたのだた。
 
 「そうねえ。一番悲しかたことね」口だけで返事をしながらラミアの読んでいた本を見る。ダチウがライオンやヒウと戦い、最後は木になてしまうんだたかしら。

「今度の誕生会、うちでやるんでし?パパも帰てきてくれるかな」
絵本から目を離さずにラミアが言う。
「パパはどうかしらね。お仕事が忙しいから……

パパは、息子は帰てこない。どこにいるのかわからない。それより、生きているかどうかもわからない。息子はラミアを置いてすぐ、またアフリカに向かたのだ。
以来、4年間なんの音沙汰もない。

一番悲しいのはなんだろう。

「ラミアが泣いているときかな」そう言うと、ラミアは目を大きく見開いて
その目はどこまでも黒く深く、遠く。

そして絵本に目を落として「ごめんね」 と言た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない