てきすとぽいトップページへ
第11回 文藝マガジン文戯杯「あの世」
〔 作品1 〕» 2 
二進数でできた世界
 投稿時刻 : 2020.04.11 19:53
 字数 : 4082
5
投票しない
二進数でできた世界
バルバルサン


 魂とは、電気信号である。
 脳内のニロンを駆け巡る、電気信号。それが、われわれの意識であり、魂の正体である。
 脳が停止した時、ニロン内の電気信号も消え、我々の体も停止する。
 それが、死だ。
 電気信号を、デジタルにすると、ゼロと一の二進数になるようだ。つまり、我々の意識、魂は、ゼロと一で構成されている。
 そう、それがこの世界の真実。この世界で、泣いて、笑て、怒て、悲しむのは、ゼロと一の組み合わせ。所詮、組み合わせなのだ。

◇◇◇

 親父は、頭の良い人だたという。頭が良すぎるくらいに、良い人だたらしい。
 らしい、というのは。俺は親父の科学者としての面をほとんど知らないからだ。親父は、俺や母さんの前では、とても優しい父親だた。テレビで笑て、俺のすることを喜んでくれて、偶に母さんに怒られて、ちぴり涙ぐむ。そんな、優しい人間らしい人だた。
 だけど、俺が知ていたのは、本当に親父の一面だけだたらしい。
 親父が死んだのは、つい先日の事。高校への入学を祝てくれた数日後、精神脳心理学研究所とかいう、何やら怪しい名前の科学研究所の所長だた父は、研究所での事故で死んだ。やと、悲しみも癒えはじめて、親父の遺品の整理をしていた時に見つけたのがこのノートだた。
 難しい数式のようなものが書き殴られたノートの最後のページに書かれていた一文。

「世界の真理と摂理によて、魂あるものに幸福を与える」

 この文は、一体何を意図して書いたのだろうか。このノートに書かれた数式の意味する事は?
 俺も、科学者の息子らしく、興味を持た。持てしまた。
 俺の人生の当面の目標は、このノートの意味を、解き明かすことにした。
 そのために沢山勉強した。三年間、必死で。そのかいあてか、このノートは、脳科学についての何からしいということが解た。
 そして、必死の勉強あてか、東京の有名大学に進学することが決また俺。母さんも喜んでくれた、その翌日の事。
 俺は、車に轢かれた。

◇◇◇

 意識は、ゼロと一の組み合わせである。
 ならば、世界はどうだろうか、我々が感じている、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚。それら全てを世界と定義すれば、ゼロと一にできるのではないか。
 現に、マウスを使た実験では、マウスの感情などをグラフに表すことができている。つまり、この実験で使われているマウスの世界は、ゼロと一で説明できるということだ。
 ならば、同じく脳を持ち、五感や意識、思考を高いレベルで備えている人間の世界を、ゼロと一で構成できないと、誰が言えるだろうか。
 だから、私は。

◇◇◇

 苦しい。まるで、水中で呼吸しているかのようだ。いや、その何百倍も苦しい気がする。
 ここはどこだろう。瞼を開けたいのに、空かない。
 ひどく寒い気がするのに。寒いという実感というのだろうか、それが沸かない。
 時間が経ている気がしない。ずと、時間が止まているような、そんな気持ちの悪い感覚。
 一体、ここはどこだ。俺は、どうなたんだ?
 その時だた。何か、震えるような響きが襲てきたのは。

「瞼を開けるんだ、和樹」

 響きとしか感知できない。そんな振動なのに。その振動が伝えたいことが何故か分かた。
 俺は、もう一度、瞼を開けようとする。すると、驚くほどにすんなりと瞼が開いた。と、同時にこれ以上ない驚きが、俺を襲てきた。
 何か、驚きの声も出てこない。それほどの驚愕。
 なぜなら、白衣を着た父が、目の前に立ているのだ。そして、父の背後、そこには、膨大なゼロと一の数字が、まさに世界の果てまで並んでいた。後ろを向けば、俺の後ろにも、びしりと。
 それだけなら、意識のはきりとした夢と片付けたかもしれない。だが、何か生々しい、現実感がこの世界にはあた。

「少し、大きくなたな。和樹」
「お、親父?なんで、ていうか、ここは?」

 俺の様子が可笑しいのか、クスクスと親父は笑う。いつも、家でしていた、優しい笑い。
 だが、状況の異様さが、その笑いを不気味にさせる。

「ここは、死後の世界と、現実の狭間だよ」

◇◇◇

 私のやろうとしていることを、誰一人と理解しない。
 それどころか、私の計画を聞いた人は、みな冗談を言ていると捉えるか、奇異と恐怖の目で見てくる。
 なぜだ、私のやろうとしていることは、過去と現在を見て、誰一人成功せず、また、やろうともしなかた。そんな素晴らしい実験なのに。
 まだ、私の研究が理解されるには、世間や人は幼い、そういうことなのだろうか。
 だが、この研究と実験は、やめるわけにはいかない。私の義務であり、責務だ。
 先日、高校に上がたばかりの和樹のためにも、絶対に成功させる。
 そう、絶対に。

◇◇◇

「死後の、世界?じあ、俺は死んだのか」

 俺の、絶望的な感情とともに吐かれた言葉。それを聞いても、父は不気味な優しい笑いを崩さない。

「いや、少し違うね。和樹は、後ろに広がる現世で、死んだ。でも、まだ死後の世界には行ていない。だてここは、死後と現実の世界の狭間だから」
「どういうことだよ、全然わからない。死んだんなら、死んだで、死後の世界があれば、そこに行くものだと」
「そうだ、死んだら、普通はこの先の死後の世界へ行く。でも、和樹。お前は行かない」

 親父が。何を言ているのか、さぱりと理解できない。いや、理解するの、何か心が拒んでいる。そんな嫌な感触。
 そもそも、親父と俺の後ろの、ゼロと一の壁のようなものは何だ?

「さて、和樹も疑問に思ているであろう、このゼロと一の壁について、説明しようかな」

そして、親父はいたずらが成功したかのような、そんな笑みで俺に近づく。

「和樹、私の後ろの壁が、死後の世界だ。そして、和樹の後ろの壁が、現世とでもいえばいいかな」
「え?」
「これが、私の研究と実験の成果だよ、和樹。私は、現世と死後の世界を、ゼロと一で再構築したんだ。私の死と同時に、ね」

◇◇◇

 私は、死後の世界があるかという人間の潜在的恐怖。それに打ち勝つための研究を続けてきた。
 そして、やとたどり着いたのだ。世界を、ゼロと一で再構築する方法に。
 これを実行することにより、この現世と、魂の世界、所謂死後の世界というものを、ゼロと一で再構築できる。
 世界は、二進数で表現できる。ゼロか、一か。この法則を支配することにより、私は。
 すべての魂あるものへ、幸福な未来を約束することができるのだ。

◇◇◇

「ど、どう言うことだよ。この、ゼロと一の壁が、現世と、死後の世界?」
「私の言葉の通りだよ。いいかい?我々の世界は、すべてゼロと一で構成されている、脳の電気信号によて表現されている。なら、実際にこうしてゼロと一に構成できても不思議ではないだろう?例えば」

 親父は壁に触れると、ゼロと一でできた塊を取り出す。するとどうだろう、そのゼロと一は、リンゴになた。
 さらに、壁から塊を出すと、それは包丁にな

「こういう風に、リンゴも、包丁も。全てゼロと一だ」

 父は、リンゴを剥き始める。そして、剥かれた皮は再びゼロと一へと変換され、壁へと吸い込まれていく。
 そして、剥いたリンゴをかじりながら、父はなし続ける。

「さて、理解できたかい?私がゼロと一に、世界を再構成したことを」
「まあ、理解ていうか、その、凄い事過ぎて理解が追い付かないんだけど。ところで、俺は」
「死んだんじないのか、という疑問だね。確かに、和樹は死んだよ。で、この死後の世界のゼロと一に組み込まれるはずだた。それを、私が止めたんだ」
「え」
「まだ、和樹はやりたいことがたくさんあるだろう?だから、こうして、死後の世界へ行くのを止めたんだ」
「ど、どうやて」
「ははは。魂も、所詮ゼロと一。そう再構成した私に、不可能はないよ」

 なんというか、言葉が出てこなかた。目の前の存在は、なんだ?
 本当に、親父なのか?あの、優しかた親父が、こんな、狂気の沙汰のようなことをするのか?
 世界を、ゼロと一。そんな二進数で支配するなんて。

「さあ、長話が過ぎたね。さあ、和樹が生き返るよう、ゼロと一の値を変えようか」
「ま、待て。俺を、生き返らせるなんて」
「生も死も、所詮はゼロと一の上の出来事。変えるなんて造作もない」

 そんなの、間違てる。たた一人の人間が、世界を支配するなんて。
 生き返ることができるのは嬉しい。やりたいことはたくさん残ている。
 でも、何かが訴えてくる。こんなのは、間違ていると。

「親父は、生き返らないのかよ」
「ああ、私は、二つの世界の管理をしなければならないからね。じあ、生き返たら、お母さんによろしくな」
「どうすれば、生き返ることができる」
「後ろの壁を触ればいい。それだけだ」
「そか。わかたよ」

 俺は、ある決意をもて、後ろの壁を触る。
 礼の言葉は、言わなかた。

◇◇◇

 生き返た俺は、再び勉強を始めた。
 この世界は、ゼロと一でできている。今飲んでいるコーヒーも、書いている紙も、持ているペンも。
 俺の怒りも、全て。
 親父は、あの存在は。もう、優しかた親父じない。自分を、神かなにかと勘違いした存在だ。
 ならば、俺が止める。この世界を、ゼロと一の支配から、奪い返す。
 そのための研究を俺はしている。科学者として。親父だた存在を止めるために。
 死後の世界も、この世界も。俺が再び、元の世界に再構成する。この決意も、親父の掌の上かもしれないけど、知たことじない。
 そもそも、親父はすべてを支配出来てはいない。支配できているのなら、俺が車に轢かれることもなかた。
 だから、チンスはある。

 この世界は、もしかしたらゼロと一で表現できるかもしれない。
 だが、それを絶対と思い、神を気取た親父の支配からは、脱却しなければならない。
 絶対に、絶対に。
 俺たちの、自由のために。
 自由に生きて、いつか死んで。だから必死に生きて。けど死ぬ。
 だから俺たちは生きるんだ。
 自由に、全てを感じ、ゼロと一だけじない、様々な多様性の人生を送り、死ぬ。
 だから、生きるんだ。
 それを、あの世界で世界を支配する親父に、教える。
 それが、俺の命題。
 一生を生きる、意味となた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない