てきすとぽいトップページへ
遊び場
 1  10  11 «〔 作品12 〕» 13  17 
Waltz "Water Drop"
 投稿時刻 : 2019.06.05 01:19
 字数 : 553
5
投票しない
Waltz "Water Drop"
ポキール尻ピッタン


Andante
ああ、朝食の匂いがベドルームまで漂てくるわ。焼き立ての小麦とコーヒーの香り。明日は洋食にしようと呟いたのをあなたは聞いていたのね。
土曜の朝はわたしが当番だて決めたのに、なんであなたは起こしてくれないのかしら。大事にされるばかりじ嫌なのを、あなたは知ているはずでしう? 2人で生きていこうて約束したのは、お互いがお互いを助け合おうて意味だたじない。
リビングのドアが開く。乾いたスリパの音。あなたがわたしを起こしにくる。今日もあなたはわたしに助けさせてくれない。
Segno
わたしの嫌なことをすすんでするのね。 ||
                                                   Fine
Adagio
||: 僕たちの宝物は今日も元気かい? 今朝はお腹を叩いてくれないのかい? :||
いつものご褒美を僕に頂戴よ。愛しててもいいて、僕たちに教えて頂戴よ。

Allegro
わたしは不安よ。愛されてもいいのかしら? 形だけの愛でさえ、あなたに届いてないみたい。
僕も不安さ。君に注いだ愛でさえ、水面を離れて雲になり、僕を濡らしているだけみたい。

Andante
僕を包むこの雨が、この子の愛だとどんなに嬉しいか。こんなに怖いのはなぜだろう? 君が注いだ愛を知ているはずなのに。
怖いの? 不安なの? きとわたしたちは愛の行方をお互いに知らない。
だから、あなたは、
       D.S.
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない