てきすとぽいトップページへ
第51回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10 
女神
 投稿時刻 : 2019.06.15 23:45
 字数 : 1381
5
投票しない
女神
小伏史央


「少年よ、私を解除しなさい」と、廃墟の女神はわたしに言た。
「少年じないんだけど」
 むとなて反論するが、女神はそんなことは意に介しないとでもいうように、わたしに語りかけ続ける。
「私を解除するにはふたつの鍵が必要です。ひとつはカード、ひとつは言葉。ふたつの鍵が合わさたとき、私は復活し、世界は平和を取り戻すことでしう」
 平和な世界なんて知らない。今日の食糧を探すのに忙しいのに、ぽんこつ機械の相手をする暇なんてなかた。金属製の女神は足元が床と接合されている。それを確認するとくるりと踵を返して、この廃墟を後にした。
「待ちなさい。私を解除しなさい。そうすれば幸福が訪れますよ」
 その声を背に、振り返らずに廃墟を出る。
 喋る女神を見るのは久しぶりだた。もうほとんどの女神は機能を失い、この街一帯の瓦礫の一部になている。屋根のない他の建物に入り、中を漁る。缶詰が見つかれば嬉しいが、ほとんど漁りつくされた後のようで、どこをひくり返してもめぼしいものは見当たらなかた。
 ゴム製の機械の部品をかじりながら、廃墟を転々とする。今日は収穫がない日のようだた。食糧も見つからなければ、再利用できそうな部品もない。ゴムを噛んで空腹を紛らわせるのもいい加減に飽きた。
 そうしているとふと、女神のことが思い出された。喋る女神がいるということは、それなりの動力源があるということだ。せめて食糧は得られなくても、そのあたりの部品を手に入れれば糊口をしのげるだろう。
「来ましたか。私を解除しなさい」と、やはり女神は不躾に言う。それを無視して女神の足元を調べた。ま平な鉄の床から、柱のような足が延びている。その床にはところどころに亀裂が走ていた。腰から短刀を取り出し、亀裂にそてそれを差し込むと、容易に床は開いた。中には発電機と見られる箱が、じらじらとコードと砂に絡まれながら稼働していた。
 やたと思て裾をまくる。直接触れないようにしながら箱を持ち上げ、床下から取り出した。何かの数字を示している針が、その振動でがくりと揺れた。
 他にもなにかないかと床下を眺めると、特徴的な色の金属片が落ちていることに気づく。手に取てみると、それは先が透き通ているほどに薄い、金色のカードのようなものだた。
「それです。それで私を解除するのです」
 女神がまだなにかを言う。わたしは珍しいその綺麗なカードに、心奪われていた。食糧と交換してくれる人だているかもしれない。透き通た金色はそれほどの美しさだた。
「特別にパスワードを教えましう。そのカードを私のカードリーダーに挿しこみ、『主よ来たり』と唱えるのです。そうすれば私は復活し、世界を平和に」
 発電機のコードをぶちりと抜き取た。一度大きな発光を起こした後、悲鳴のような機械音を上げて女神の声が停止する。
 発電機の外枠は短刀よりもずと固い部品で作られていた。外枠を力いぱい引てめくり取り、床で磨いて鋭い槍を作る。手を切らないように布で柄を作た。
 それを女神像のカードリーダーに挿しこみ、無理やり中をこじあける。たいへんな労力だたが、他の人に見つかることなく、女神を解体することができた。
 最後にこんな大漁にありつけるなんて、ついている。女神の中には果たして、大漁の火薬と、女神の腕へとつながた大漁の銃器が詰め込まれていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない