てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ひとと生きた鴉
みや鴉
 投稿時刻 : 2019.07.08 01:23
 字数 : 17362
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ある意味、異世界モノ、いや異社会モノですね。
喪失と救済の物語を鴉という違う社会の住人に理解、解説させる手法が良かったです。人間だけで展開すると気持ちが留まったまま話が進行しない構成になったと思いますが、第三者が理解を深める展開を用いたことで物語に推進力が生まれています。
死者の旅として理解しましたが、このイベントの要項②「実在の場所を旅の目的地とする」を鑑みると、目的地がフィクション上の場所となっているので、実際に存在していても実在しているどうか企画者に判断できなません。作品内容は良しとしても企画に沿った作品と言い切れない部分があるので、そこが惜しかったです。

プロフィール画像
2019.08.25 23:18
浅黄幻影 @asagi_genei
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
カラスの心情がとてもよくわかります。カラス的であるようで、とても人間的に考えている。愛している人に心を寄せている感じが伝わります。そして「うめえ」が、とてもよい具合に物語を成立させていました!

コメント前に
する
ネタバレを含む