てきすとぽいトップページへ
第8回 文藝マガジン文戯杯「旅」
〔 作品1 〕» 2 
ひとと生きた鴉
みや鴉
 投稿時刻 : 2019.07.08 01:23
 字数 : 17362
5
投票しない
目次
 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
 6 
 7 
 8 
 9 
 10 
全ページ一括表示
1 / 10
ひとと生きた鴉
みや鴉


1『彼女』と生きた日々

 俺は鴉。この冴えない男の頭上を根城にしている。
 人間に飼われる鴉など、人間どもにニアニア鳴いては足元にすり寄ていく猫と、毛ほども変わりはないだろう。が、俺はこのもしもし感が堪らなく気に入ているのだから、それはそれほど重要なことではなかた。
 男はかなりの寝起きの悪さだ。今朝も四角い機械から鳴り響くけたたましい音楽を、一秒で止めてしまて、そのまま寝返りを打て寝息を立てる始末だ。だから、ヨボヨボと男の耳元に近寄て、こう言てやるのだ。
『おい! 起きろ! 飯だ! 飯を食わせろ!』
 俺の鳴き声に、男はけだるそうな表情でこちらを見て、恨み言を言うのだが、残念ながら、俺には人間の言葉なぞ、わからぬ。俺は素知らぬ顔で、男の起床を待たが、どうやらまたひと寝入りしようとしているらしい。
 分からず屋の飼い主にもう一度、ハスキーボイスを聞かせようと、翼を広げたところで、男は心底、嫌そうに身体を起こして目をこする。それから、ゴキゴキと首筋を鳴らして顔を洗うと、いつもの日課に取りかかる。
 いそいそと黒い箱の前に座て、引き出しを開けたり、台所に行たりとバタバタ動き回り、ピンクの座布団の上に男が身を正したとき、バサと頭の上に乗かかるのも、もはや見慣れた光景であろう。
 俺はいつもと変わらぬ笑顔の『彼女』を見つめる。最期に見たときよりも、ずと若く美しく、そして幸せそうな『彼女』だ。あのときと同じように、いつか痩せこけ、髪がまだらに抜け、生気のない表情を俺たちに向けてくるんじないかと心配していたのだが、いつまでも変わらぬ『彼女』がそこにいて、俺は少しだけ安心する。
 チーン。鈴の音だろうか。ひときわ、突き抜けるような高音に、俺は少しだけ眉をひそめる。だが、その音色は『彼す

女』へ贈るに相応しいほど、美しく爽やかに通り過ぎる。その残響が淡く消え去る瞬間を、俺たちは身じろぎ一つせずじと耳を澄ましていた。


 あれから三年になろうとしていた。最初は、『彼女』の喪失に耐えきれず、俺をひとり部屋に残して、夜遅くまで外をふらついていたと思えば、なんでもない日常の一瞬。泣き崩れ、嗚咽を漏らし、『彼女』に縋りつくような日々が続いていたものだたが、最近はかなり調子を取り戻してきているようで、俺も手渡されるポテトチプスを存分に味わえるというものだ。
 相変わらず、うめ
 俺はボリボリと男の手からポテトチプスをむさぼり食う。『彼女』と出会たとき、同じようにして食べたポテトチプス。そのときと同じ味のように覚えて、俺はなおのこと、無心になてむさぼる。
 人間とは長らく、敵対関係にあた俺だが、『彼女』と出会い、ポテトチプスという人間の英知をこの身に食らい、そして『彼女』の遺した男と出会た。今では、飼い主に向かてだらしなく尻尾を振ている犬と同様、俺もまたこのポテトチプスに飼い慣らされているのだた。
「そろそろ三回忌か……
 男がぽつりと、なにかをつぶやく。俺は、ポテトチプスの美味に溺れながら、男の表情を読み取ろうとちらりと目をやる。寂しそうに小さく笑て、目を伏せている。『ソロソロサンカイキカ』がなにを意味しているのかはわからぬが、どうやら『彼女』に関することでフイナルアンサーだろう。
 俺たち、野生の世界では、伴侶を失えば次の伴侶を求めて、雌鴉を
かけるものだが、人間はそういう種族ではないようだ。が、鴉史上初。人間に恋をした俺には、男の気持ちが少しだけわかる気がした。
 そうは言ても、俺ももう老齢の鴉だ。翼を広げるのもそろそろ、気だるさがつきまとて、そう長くこの男のそばにいてやれないことは、自分でも気づいていた。
『彼女』を失くし、立ち直りかけた頃に俺がいなくなる。男を慰めてくれる人間はいるだろうか。それに、男がもし、突然、死にでもしたら、このポテトチプスは誰がくれるというのか。男には、是が非でも、新たな伴侶を求めて、人間の雌に求愛をしてきてもらいたいものだ。
 鴉史上初だろう、人間を心配する鴉は。最後のポテトチプスを丸呑みしながら、そんなことを考えていた。
続きを読む »
« 読み返す