てきすとぽいトップページへ
第9回 文藝マガジン文戯杯「お薬」
 1 «〔 作品2 〕» 3  7 
無邪気な遊び
 投稿時刻 : 2019.10.01 20:53
 字数 : 1410
5
投票しない
無邪気な遊び
金銅鉄夫


 いつものように、私はカロリちんと二人、アオイちんの家に遊びに来ていた。
 アオイちんの家はお金持ちで、タワーマンシンの上の方に住んでいる。カロリちんは高所恐怖症で、何度遊びに来ても窓辺には近づかなかた。広いリビングの傍らには犬用のサークルがある。だけど、いつものように私たちを迎えてくれる愛犬はいなかた。
「今日はパパたちがいないから特別ね」
 アオイちんはそう言うと、両親の部屋を私たちに見せてくれた。そこに大きなドレサーがあた。どうやらこれを見せびらかしたかたらしい。色とりどりに並んだ化粧品を見たカロリちんが。
「高価そうなのがいぱいある。ウチのお母さんと違て、アオイちんのお母さんは美人だもんね」
 と、はしぎながら言うと。
「じあ、二人にもと良い物見せてあげるよ」
 満更でもない表情のアオイちんは、ドレサーの引き出しの奥から、オレンジ色で半透明のピルケースを取り出した。
「この前、アオイがひとりで遊んでいるときに見つけたの。外国から買た高い薬だと思う。だから奥に隠してるんだよ、きと」
 白い蓋を開けると、中に白くて丸い錠剤が入ていた。
「ねえ、これ、飲んでみない?」
 その言葉に、カロリちんと二人「えー」と驚いた声を上げる。
「カロリちんも、アオイのママみたいに綺麗になれるかもしれないよ」
……だけど、アオイちんのお母さんに怒られたりしない?」
「大丈夫だよ。こんなにあるから、ちとくらい減ても気づかないて」
 アオイちんがキチンに行ているあいだ、カロリちんは、「いいのかな? ホントに平気かな?」と、つぶやいていたが、その目は大きな鏡に映る自分の顔を、何度も見返していた。
「はい、お水」
 ペトボトルを受け取たカロリちんは、それほどためらうことなく薬を飲んだ。
「ウ、にがーい! なんだか飲み込む前に溶けちたみたいだし」
 そして、再び鏡のほうを見る。
「そんなにすぐ綺麗にならないよ」
 そうアオイちんに言われ、バツの悪そうな顔をした。
 最初から決まていたように、アオイちんはごく自然に私にも一錠手渡した。手のひらにのた小さな錠剤をまじまじと見つめる。興味がないわけではない。これで人生を変えられるなら──。

 突然、大きな音とともにカロリちんが倒れた。口から泡をふいている。私は、すぐにアオイちんのほうに顔を向けた。その表情に動転した様子もなく、口元はうすらと笑ているように見えた。私はこわくなた。
 視線に気づいたアオイちんは、ピルケースを引き出しに戻しながら、淡々と喋た。
「心配ないよ。カロリちんが勝手に飲んだことにすれば。私たちが止めたけど言うことを聞いてくれなかて、そういうことにしよう。そもそも危ない薬だなんて、三人とも知らなかたんだから」
 私は鏡の中のアオイちんを黙て見ていた。
 こんな事を考えていた人間が……いたなんて。

 それからしばらく、いろんな大人たちがアレコレ質問してきたが、私は「わかりません」と「よく覚えてません」を繰り返した。あのアオイちんの顔が、忘れられなかた。


 少し落ち着いてきた頃、今度はアオイちんが死んだ。カロリちんと同じ毒を飲んで亡くなた。「本当は、アオイちんが無理矢理カロリちんに毒を飲ませたらしい。そしてその罪悪感に耐えられなくな……」そんな噂も耳に入た。

 私は、遊ぶ相手がいなくなてしまた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない