てきすとぽいトップページへ
第9回 文藝マガジン文戯杯「お薬」
 1  6  7 «〔 作品8 〕
点眼
 投稿時刻 : 2019.11.17 23:59
 字数 : 121
5
投票しない
点眼
諍井寄人


宙の果てを掻き集めたような
深夜二時、たたいま此処に
立たされたこのひとりぼちから
見渡すきらきら星
目は
ひかりも暗澹も輝いて知る

誰しも母の創り落としたもの
してみずから此処に
立ちはしなか
故にそそぐ星の一滴は親しく
目薬は怖くて
差せないままで
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない