てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
僕の部屋のジェシカ
 投稿時刻 : 2019.10.04 20:53 最終更新 : 2019.10.05 05:13
 字数 : 1762
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2019.11.24 23:31
浅黄幻影 @asagi_genei
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
「ジェシカの脇から発せられる脂が僕の鼻腔を刺激する。僕はジェシカがいい、と思う」
色と夏が感じられて、とてもよい文だと思います。開放的な雰囲気が漂うよい作品でした。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
とてもキレが良い作品です。描写すべき部分と必要のない部分の選択が上手くセンスを感じます。
自分なら「ストーンドの最中は~」以下の説明をせずに登場人物の感覚だけを書いて読者を置いてきぼりにするところですが、あくまでも冷静な視線を動かさずに記述できる忍耐力がMOJOさんの強みだと思います。
好みの問題で言えば、ラストが急かなと思いました。流れる情景の描写から登場人物の心理へ無理やり視線が移るので少し疲れます。「先週末の~」の段落で充分に登場人物の心理が描かれていると思うので、ラスト2行を削除したほうが好きです。

プロフィール画像
2019.11.26 07:23
MOJO @mojomojo03
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
浅黄幻影さん、文藝マガジン「文戯」編集部さん、コメントをありがとうございます。ラスト2行はタイトルとの整合性を考えました。タイトルを先に決めて書いたもので、あれがないと、このタイトルはなんだ? ということになる気がして、あんなふうになりました。

コメント前に
する
ネタバレを含む