てきすとぽいトップページへ
第53回 てきすとぽい杯
 1  10  11 «〔 作品12 〕
私の木と神隠し
 投稿時刻 : 2019.10.21 20:00
 字数 : 444
〔集計対象外〕
5
投票しない
私の木と神隠し
金銅鉄夫


 境内が屋台のライトで照らされ、夜になても子供たちの声が聞こえる。今日は年に一度のお祭りの日。「昔は鳥居の外まで店が出てたのよ」何度も聞かされたお母さんの言葉を毎年思い出す。
 お祭りに合わせて里帰りをする家族も多く、過疎化が進むこの村が一番賑わう日。
 孫を連れたおじいちんおばあちんの笑顔。みんなしかりと手をつないでいる。私も友達が増えたみたいで、なんだか嬉しくなる。

 夜が更けてくると、男女がライトから遠ざかるように社の裏手へとやてくる。
 ときには槐の木のすぐそばにも来ることがある。なんとなく見てはいけない気がして、はじめのうちは目を閉じて、両手で耳を塞いでいた。だけど、微かに聞こえる音に好奇心を刺激され、薄目を開けてしまた。それも懐かしい思い出。
 慣れてしまた今では、なんとなく背を向けて二人が去るのを待ている。一定のリズムで聞こえてくる呼吸も、春の雨や夏の蝉と同じように、風物詩みたいなもの。

 このお祭りを、あと何回見るのだろう。

 槐の根本に私の身体は埋まている。他にも七人。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない