てきすとぽいトップページへ
第54回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
 1  2 «〔 作品3 〕
真っ赤に染まったキッチンと硬いスポンジ
 投稿時刻 : 2019.12.14 23:28
 字数 : 3566
5
投票しない
真っ赤に染まったキッチンと硬いスポンジ
ごんのすけ@小説家になろう


 一つ聞いていいですか、と僕が言たら。

 いいよ聞き給えよ、と彼女が言たので。

 だから僕はこの惨状の理由を聞いたのだ。

 ******

 仕方なかたことだ、と私は項垂れながら思う。

 ――ああ、仕方なかたとも。だて、成さねばならなかたんだ。
 
 目の前に広がる赤は、何ともかぐわしく甘美な香りを立ち昇らせている。クラクラしそうだた。
 包丁に纏わりつく真赤な果肉が、ああ、何とも……

「さて、私はまず何をどうすべきかな。頭でも抱えようか」

 ぽつりと呟いても、何も返てこない。そりそうである、この部屋には私しかいないのだから。
 真赤な手を見下ろして、溜め息。
 今となては、どうしてあんなことをしようと思たのだろうかという後悔のみが私の心と頭をグルグル巡ている。

「とはいえ、だ。ここをこのままにしておくのが妙手ではないことくらい、私だてわかるさ」

 溜め息を吐きながら立ち上がれば、この惨状が自分で思ていたよりも広範囲に広がているのが嫌でも目に入る。眩暈を押さえようと目元を手で覆えば、ねちり、と粘性の高い音がしてげんなりした。この赤い物が、目元にもついてしまたようだ。最悪である。

 ――仕方なかたことだ。仕方なかたんだ。ああ、仕方なかたとも。
 
 私は言い訳を積み上げながら、タオルを固く固く絞た。バケツ代わりの風呂桶にびちびちと水が落ちていく。
 
 ――てまさか、君があんなことを言い出すなんて思ていなかたんだ。
 
 絞たタオルで、床の赤を拭ては濯いでを繰り返す。
 
 ――なき、私はこんなことしなかたんだ。
 
 ごしごしと床を擦る、擦る。
 
 ――あんなこと言わないでくれれば今頃は……
 
 なんだか、涙が出そうだた。
 というか、出た。 
 目じりを拭て、また一つ後悔する。きと今の私は、目じりに狐面がごとき隈取があることだろう。
 
「は、散々だな。だ……こんな、こんな……酷すぎるだろう、いくらなんでも。なあ……

 愛おしい恋人の顔を思い浮かべても、目の前の赤が幸せな気持ちを崩してしまう。
 私は何度目かの溜め息を吐いて、時計を見上げた。
 
……急がないと、帰てきてしまうな……

 私は手を止めることなく、出来ることならこうあれよ、という願いを込めてシミレーンを開始する。
 
 この惨状を何とか取り繕て証拠隠滅して、いつも通り優雅に、そうだな、紅茶か何か……いや、匂いの強いコーヒーの方が良い。そうだ、コーヒーだ。コーヒーを飲みながら、文庫本でも読んで――『ああ、お帰り。早かたね』と。いいね。いい。すごく普段通りだ。
 ああ、なんなら、ケーキを買いに行こう。きとそれくらいの時間はある。それから豪華な……うん、揚げ鶏だな。あのスパイシーで、骨が無くて食べやすいアレを買て、それを夕食としよう。
 
「うんそうだな、それがいい。ああ、ささと証拠隠滅を――

 ぎい、と扉が開く音がして、私は振り返ることができずに「お帰り」と呟くことしかできなかた。
 
 ******
 
 今日は僕の誕生日で。年上の恋人は、今日は研究がひと段落して丸々休みで。それで、せかく誕生日だから、とちと我が儘言てみて。
 
 今日は、七限に入ていた講義が教授の都合で休みになて、それで、早く終わたから愛しい年上の恋人の家へと向か――今日ほど、こんなに早くに彼女の家へと行たことを後悔したこともない。
 
――お帰り」

 固い声。床に座ている彼女の向こうは、赤、赤、赤――
 
「は……やかた、じないか」

 震えた声に言葉を返すこともできず、僕はただ立ち尽くして、鞄を取り落として。
 脳みそが追いつかない。この惨状に。
 僕は必死に考えて、考えて、それから小さく口を開いた。
 
……一つ聞いていいですか」

 結構冷静な声が出た。良かた。
 
……

 たぷり一分、間を置いて、彼女が答える。
 
……――いいよ聞き給えよ」

 ぎこちない動きで、彼女が振り返る。自慢のあでやかな黒髪も、陶器のように白い肌も、ところどころ赤に染まていて可哀想で……でもちと、綺麗だなと思た。
 僕は彼女にそと近づいて、静かにしがみ込んだ。そして、ゆくり手を伸ばして、彼女の目元に付いた真赤な真赤な物を親指で掬い上げ――
 
「あの、これ何事ですか。なんでキチンめちくちにしてるんですか」

 ――ぺろり、と舐めた。

 うん、部屋に満ちる匂いを裏切らないイチゴ味である。ちとだけ感じるしぱさがなんとも絶妙だ。
 
「ピレですか」

 赤を指し示して首を傾げれば、彼女はコクリ頷いた。

「ピレだよ」

 お次は、アイランドキチンで、高級そうなお皿の上でジメジメと俯いている茶色を指し示す。

「ケーキのスポンジですか」
「ケーキのスポンジだよ」

 いよいよ顔を――イチゴのピレ塗れの手で――てしまた彼女に声をかけあぐね、僕は何度か口を開け閉めしてから、彼女の手首を優しくつかんで顔から引き離した。
 
「僕が、手作りケーキが食べたいて言たからですか」
……いやいやいやいや、ははははは。違う違う、違うとも。ただ食べたくて、ああ、そうそうそうだとも。食べたくてだね、ついでに、手作りでやてみようと思てね。あは、君が言たからだなんてそんなそんな。違うとも、違うとも……

 たまらなくなて、僕は彼女を抱きしめた。
 先輩後輩の仲だた頃から含めれば、十年近い付き合いだ。それだけ一緒に居れば、彼女が嘘を吐くときに饒舌になる癖くらい、把握している。

「ごめんなさい、無茶言て」
「いやだからな、これは違くてだな……

 彼女はしばらくもごもご言ていたが、諦めたように僕の首筋に顔を埋めたようだた。甘い匂いが近くなる。
 
……て、君が要望を出すなんて珍しいことだたから。だから、――てやりたくてな」
「いや、あなたが料理を全然しない、良くいるタイプの、家庭科以外はオール満点系の天才であることを理解していながら……酷なお願いをしました」
「おい、それは世の天才たちに失礼な言い草だぞ。料理できる天才だている」
「でもあなたは、出来ないほうの天才でしう」
「それは褒めているのか、けなしているのか」

 彼女は柔らかく溜め息を吐いて、それから囁いた。
 
「どうせなら、レシピ通りではなくてもと素敵なケーキにしようと思……そしたら、爆発した」
「あなたはアレですね、ほんと、期待を裏切らないというか……素人はアレンジしちダメなんですよ。殊、スイーツは科学実験と同じくらいの気持ちで臨まないと」

 分量きちり正しくか、と呟いて彼女は僕から体を離し、「あ」という顔をした。目線を追えば、僕のコートはピレ塗れになていて、もしやと思て首筋を触れば、べとり赤が付いた。
 
「誕生日プレゼント、コートでいいか?」
「それについては後にしましう。今は、床にぶちまけられたピレを何とかしないと」
「血みたいだな。まるで殺人現場だ」
「刺殺ですか」
「出血多量でお陀仏だな……と、戯れはそれくらいにして。風呂場からタオルを持てきてくれないか」

 僕は言われた通りに風呂場に行て、適当なタオルを数枚持た。それからついでに、昨日綺麗に磨いたばかりの湯船にお湯を張る。彼女の家はハイテクで、僕のアパートとは違てボタン一つでお湯張りが終わる。素晴らしい。
 
「持てきましたよ」
「ありがとう」
「ついでに、お風呂も張りました。どうせ二人してピレ塗れになるんだから、一緒に入いましうよ」

 彼女の顔がほんのり赤に染まるのが可愛らしいが、その口から飛び出る言葉はといえば。
 
「なんだいなんだい、誕生日プレゼントは私が良いのかい」
「おやじ臭い感じがしますよ、そのセリフ。まあとにかく、ピレをやつけましう。それで一緒にお風呂に入て、それから、生クリーム買てきて――
「塗るのかい」

 下卑た笑いも可愛く見えるのだから、本当に困たものである。

「塗りますよ、あのスポンジに。それで、一緒に食べましう」

 僕がそう言えば、彼女は『一緒にお風呂に入りましう』と言た時より真赤になた。
 
 ******
 
 結論から言えば。私の人生初のケーキ作りは失敗に終わた。
 でも。でも、だ。一般的に売ているケーキの数十倍は硬いであろうスポンジを齧り、口の周りにクリームと、申し訳程度の赤をつけた彼がこれ以上なく幸せそうだたから。
 また、作てみようかな、と。そう思た。
 
 ******
 
 結論から言えば。僕の誕生日は、これ以上ないくらいに幸せなものになた。
 スポンジと生クリームと、それから、ほんのちぴりだけ残てたイチゴピレをかけたケーキは、今まで食べた中で最高に硬くて、最高に美味しかた。
 でもきと、二人で作たらもと美味しいだろうから。提案してみよう、と。そう思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない