てきすとぽいトップページへ
第54回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉
〔 作品1 〕» 2 
たべばたたべばたかえかえかえたべばた
 投稿時刻 : 2019.12.14 22:47 最終更新 : 2019.12.14 23:45
 字数 : 1909
5
投票しない
更新履歴
- 2019.12.14 23:45:32
- 2019.12.14 22:50:28
- 2019.12.14 22:47:51
たべばたたべばたかえかえかえたべばた
犬子蓮木


 著名な食通たちを集めて開かれたパー
 私はそこに招待されてやてきた。
 パーというにはさみしいレストラン。豪勢な飾りもなくただ集められたメンバーが円卓に座ていた。
 集められた人間は6人。
 この世界で働いてきたからにはお互い顔を知ているし、食通として文句のないメンバーた。
 そんなメンバーももうひとり死んでしまたわけだが。
 彼は提供された料理を食べた後、それはもうその料理のおいしさを溢れんばかりに表現したのち苦しんで死んだ。今では椅子から転がりおちて地面に横たわている。
 料理に毒が入ていたのだ。
 そう、そのとおり説明も受けた。
 この料理は

「世界一おいしく、そして食べたら死んでしまう料理」

 だと。
 最初の犠牲者は、そんな冗談をと笑いながら、目の前の湯気が立ちすばらしい匂いの料理をおいしそうにほおばた。一気にたいらげた。
 そして死んだ。
 この料理がどれだけおいしかたかを説明したあとで。
 残された我々はどうすべきなのか。
 眼の前のおいしそうな、しかし見たこともない料理を見て、席を立つことができない。
「どうかされましたでしうか?」
 給仕のピエロが言た。
「もしお食事をなさず帰宅されるということでしたら、まーことに悲しいですが、もちろんお代金は頂きません。帰宅されて結構です」
 そうだ、食べたら死んでしまう毒など食べるわけがない。ささと帰るべきなのだ。
 しかし……。眼の前の料理を見て、つばを飲み込む。
 ここに来るまで、今日は何も食べてこなかた。お腹も空いている。少しだけ、一口だけなら、なんとか入院程度で済まないものだろうか……
 隣の若手グルメライターがスプーンを持た。
 みんなの視線が集まる。
「はは、なんですか。食べにくいですよ」グルメライターが作り笑いを浮かべながら言た。汗が頬を伝う。「俺、この中で一番、若いですし、ガチ健康なんで、ちとぐらい大丈夫ですよ。一口だけ」
 そういて彼は料理をスプーンですくうと口にふくんだ。
 口が動く。
 飲み込んだ。
 目が輝く。
「これ、まじスゲーすよ」
 彼が立ち上がて言た。テンシンがあがている。
「ホントに世界一す。今までこんなうまいもの食べたことない!!」
 大丈夫なのだろうか。私は彼の様子を伺う。
 グルメライターがゆくりと視線を落とす。目の先にはまだたぷりと残された料理がある。
「おい」私は思わず声を出した。
 彼が何を思たかはすぐにわかた。だが、一口だけと言ていたはずだ。止めなければ死んでしまう。
 私が彼の腕を抑えたところで、彼が私の手を振り払う。
「大丈夫すよ。もう一口だ…………
 グルメライターが崩れ落ちる。
 スプーンが床にぶつかり冷たい音を立てた。
 結局、彼は死んでしまた。
 どうせ死ぬなら、もと食べさせてやればよか……。彼を止めてしまた後悔が、お腹の奥で気持ちの悪いうごめきとなる。
「もう無理です。帰ります」
 向かいに座ていた女性が立ち上がた。普段の明るい様子はまるでなく、表情はまさおだた。つかつかと歩き店から出ていた。
「みなさんはどうされますか?」ピエロが尋ねる。
 残りの人間は3人。
「食べてもいいですが、レポートを残す時間ぐらいはほしいね。誰にも伝えることができない」ある食通が言た。
「つまり先生は、ご自身が世界で一番おいしいものを求めているわけではなく、他人に伝えることが大事であるというわけですね」ピエロの表情がかなしげに歪んだ。
 食通は顔を赤くして怒り、「失礼な」と店から出ていた。
 残されたもうひとりが口を開く。
「わたしは、誰かに伝えることが一番ではありません。それはお金を稼ぐ手段でした。よりよいものをわたし自身が食べるために」
「では!」ピエロの表情が明るくなる。
「しかし、ここで死んでしまては将来、もと良いものを食べることができません。来年も、10年先も、進化し続けたおいしいものを食べるためにここで死ぬわけには行かないのです」
「つまり先生は、世界で一番おいしいものを食べずに、みともなく老いて死ぬわけですね」
「それで結構です」
 立ち上がて退出した。
「とても悲しいことです。みなさん帰宅されてしまいました。どうしてこの世界一おいしい料理を食べていただけないのか」
 ピエロが涙を流す。手で目を拭て、その影から私を見た。
「お客様はどうなされますか?」
 眼の前の料理を見る、
 今までに見たこともないおいしそうな料理。
 信頼できる舌を持た人間たちが、おいしそうに食べていた。
 足元を見る。
 死んでしまた二人。
 つばを飲み込む。
 ゆくりと口を開いた。
「先にワインをもらえるかな。それから料理を温め直してほしい」
 ピエロがにんまりと笑た。                         <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない