てきすとぽいトップページへ
第10回 文藝マガジン文戯杯「気づいて、先輩!」
〔 作品1 〕» 2  18 
パクリ上等!
 投稿時刻 : 2020.01.24 18:00 最終更新 : 2020.01.24 18:01
 字数 : 2415
5
投票しない
目次
1. 俺がまだ独立する前の話だ。
2. さて、先方の会議室で、先輩がプレゼンをしはじめた。
3. この案件は俺が引き受けと言うか、会社の戦略上、この会社に専念しろと言うことになり、結果としては成
全ページ一括表示
更新履歴
- 2020.01.24 18:01:13
- 2020.01.24 18:00:55
1 / 3
パクリ上等!
樋口幸人


 俺がまだ独立する前の話だ。
 俺はある大手旅行代理店で法人営業をやていた。
 まだ、二十代の頃の話だ。
 自分で言うのもなんだが、昇進は早かた。
 あという間に主任になて、部下を持つようになた。
 これはその時、部下だたが入社年次がかなり早い先輩の話だ。
 俺は、ある企業の研修旅行の案件を扱うことになた。
 この時、妻の出産と重なり、育休を取ていた。
 そのため、この案件を、この先輩に任せることになた。
 とは言え、家でリモートワークで業務の管理をしたり、企画を立てていたりした。
 その時、この先輩が、この案件を自分で手がけたいと言てきた。
 俺としても、手一杯に近かたので、先輩なりに気を遣ていると思い、厚意を受けることにした。
 しかし、この先輩が企画の内容を途中で確認してきたりしない。
 俺は催促などもした。
 それでも、いつも大丈夫です任せてくださいだた。
 しまいには、俺が後輩なもんだから、先輩をなめているかと言い出す始末だた。
 ここで、先輩の悪い癖に気づいていれば、あのような結末を迎えなかたのだが。
 それでも、先輩には変わりないので、やはり俺にも遠慮があた。
 育休中だたが、その企業への提案の日になた。
 一応、俺の案件だたので、同行させると言うか、いつの間にか先輩の案件になていたようで、俺のあずかり知らぬところで客先とも打合せを黙てしていた。
 その企業はまだ成長途上の企業だたが、その業界で伸びていて、顧客になれば、たしかに安定的に社内行事の案件を取れる。
続きを読む »
« 読み返す