てきすとぽいトップページへ
第55回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動8周年記念〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6 
ある星に住む人たちは君を見上げている
 投稿時刻 : 2020.02.15 23:27
 字数 : 221
5
投票しない
ある星に住む人たちは君を見上げている
犬子蓮木


欠片を落としながら進んでいく。
進めば進むほど体が崩れていく。
引力に惹かれ、しかしぶつかたり、堕ちたりはせずに、決また軌道を進んでいく。
くらで、
静かだ。
誰もいない。
いたとしてもぶつかたら壊れてしまうだろうけれど。
星がたくさん浮かんでいる。
いくらでもある。
どこにでもある。
星の数ほどある。
イコールだ。
様々な大きさの星がある。
いろいろな色の星がある。
こぼれ落ちる氷の粒がしぽのようだ。
僕の体が壊れて消えるまで、
僕は孤独にただ進んでいく。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない