てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
Rove
酔歌
 投稿時刻 : 2020.06.13 23:12
 字数 : 1040
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2020.06.19 00:43
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
時間の流れ方が非常に独特ですね。その点で特に最初の3段落が面白かったです。直接「告白した」「振られた」という意味の表現を用いずに、婉曲に婉曲に描写して、そのうえ時間もとびとびに描いている。最初は理解が難しかったですが、読みこめば読みこむほど面白味が出てきます。
最後の段落もそうで、伊澄のマンションへと向かうバスの場面から、唐突に学宿に帰った後のシーンへと移っている。その一文の中でさえ「茶を飲」むという行動と「眠りにつく」という行動とで時間の開きが見られます。
すごく面白い手法だと思いました。いろいろ応用できそうですね。

コメント前に
する
ネタバレを含む