てきすとぽいトップページへ
第58回 てきすとぽい杯〈夏の特別編・後編〉
 1  9  10 «〔 作品11 〕
泣き女~夏の終わり・最後の蝉
 投稿時刻 : 2020.09.05 01:40 最終更新 : 2020.09.05 09:21
 字数 : 1087
5
投票しない
更新履歴
- 2020.09.05 09:21:48
- 2020.09.05 09:21:03
- 2020.09.05 01:45:41
- 2020.09.05 01:43:28
- 2020.09.05 01:40:57
泣き女~夏の終わり・最後の蝉
すずはら なずな


「実は知り合いだたとか?」
斎場の庭の玉砂利を踏む音がして、後ろから声がした。
妹だ。遠巻きに僕とその人の話す様子を見ていたらしい。

どれだけぼんやりしていたのだろう。見回すともうさきの婆さんの姿は無い。暑かた陽射しも少し和らいで、近くで鳴いていたツクツクボーシが最後の一鳴きを残し、飛び去た。

「祖母ちんの幼馴染らしい。『最後の泣き女』、の娘だて。」
──なに、それ?
言うのとほぼ同時に 妹はいつも何処でもいじているスマホでさくさくと検索したかと思うと、早くも目についたサイトを読んでいる。
「う、妖精さん?しかも、もうすぐ死人が出る家に現れて泣くんだ。でもさ、あの人て葬式に来たんだよ、順番違うじん」
──まさか これから誰か死ぬのかな。縁起でもない。
目はスマホ画面へ向けたまま、妹はぶつぶつと言い続ける。

「だからさ、あの人は、そういうのじなく」
僕が言い切るより前に、妹は先を読んで続ける。
「なんだ、違う、違う。妖精さんは綺麗なお姉さんだし。ほら見て、お婆さんなんかじない」
僕の袖を引て、掲載されたモデル風の女性の画像を示して来る。かなりな見当違い。

「そういう『泣き女』じなく、ほらこち」
僕がその先の選択肢を指し示す。「葬儀で泣くのが仕事」の方だ。
──ああ、こちね、なるほど、なるほど。
まるで解ていたかのような返事をしながら文字を目で追い、妹はまた、すとんきうな声を上げる。
「呪術とか 悪魔祓いとかて、書いてあるよ。じあ、あの婆さんて魔女の類?」
コイツのものの理解の仕方には、ついて行けないことが多い。

「でも、不思議よね。今日のこととか誰も連絡してないんでし?お母さんもあの人のこと知らないて言てたよ」
そう、僕だてずと感じていた。
祖母と同じ、遠い田舎の言葉を使うあのお年寄りが、一体どうして今日ここに居たんだろう。祖母に手紙を貰てたて言てたけれど、それでも疑問は残る。
妹の言葉に引きずられた訳じないけれど、もともとそんな婆さんなんて居なかたんじないか、そんな気さえしてくる。だけど、ぽんと叩かれた手の感触はまだ背中に残ている。

──『泣き女』はタマシイを送り、『泣き女』は遺る人を癒す。だけど『泣き女』だけじない、島の『おばあ』は皆、不思議な力を持ているのよ

丈高い木々が静かに歌うような音を立て風に揺れる。見上げていると 遠い日、祖母が僕の手を包み込んでそう言たこと、その手の温もりが僕の心を安らかにさせたことを思い出す。

「お兄ちん 今頃、泣いてるし」
妹がごそごそとバグの中からハンカチを取り出して差し出した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない