てきすとぽいトップページへ
第60回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1 «〔 作品2 〕» 3 
犬最高!
 投稿時刻 : 2020.12.12 23:52
 字数 : 3004
5
投票しない
犬最高!
犬子蓮木


「僕は犬派なんですよ!?」
 つい大声を出してしまた。ふざけたことを言われたからだ。これで何度目だろう。どこの医者にいても感染していないと言われる。こんなに犬大好きなのに。
「しかし、検査の結果、あなたは犬大好き病には感染していません。陰性です」
「こんなに犬大好きなんですよ」
 Tシツに大きくプリントされた犬のイラストを見せる。
 犬が好きだ。
 犬が好きだ。
 三度の飯より犬が好きだ。
 諸君、戦争は好きか?
 わたしは嫌いだ。
 犬が好きだ。
 ドグ! ドグ! ドグ! ドグ! ドグ! ドグ! ドグ! ドグ! ドグ!
「本当に犬が好きなんですよ!」
「それはきとナチラル・ボーン・犬派ですね。お話を聞く限り、この病気が広まる前から犬好きだたようですし」
 この病気は今年の夏頃から流行り始めたものだ。たしかにもと前から、しいていえば物心がついたころから犬好きだた。
「もとからの犬好きはこの病気に罹らないというわけではないんですよね?」
「まあ、それはそうですね。犬が好きな人もこの病気に罹ることはあります。結果としてはあまり変わりませんが、検査すればわかります。ただあなたは違うんですよ。別に犬が好きならいいじないですか。同じ仲間です。わたしと一緒に犬を愛していきましう。どうです? この病院の売店にも最近、犬グズを置きはじめましてね」
 医者が背中を向ける。白衣の背に「犬」の大きな一文字が赤い色でプリントされていた。
 こいつ感染者か。にわかめ。
「犬が好きなのに、犬大好き病にかかていない者の気持ちがわかりますか?」
「またくわかりませんが……。別に犬好きならいいじないですか。何が違うんです? そんなに犬好きなら、犬大好き病にかかていると言ても、普通にわかりませんよ」
「違うんですよ! 東大に入れて、卒業できる能力を持ていたて『東大卒です』て言たら学歴詐称じないですか! 医師免許を持ていない医者がいていいんですか?」
「わたしはブラクジク好きですけど」
 医者が本棚の方を見る。ブラクジクのコミクスが並んでいた。あと犬漫画も並んでいた。
「法律で禁止されてるんですよ!!」
「犬大好き病を騙ることは別に……
「プライドの問題です! 犬が大好きなのに、犬大好き病に罹ていないなんて、そんなのないですよ! どんな顔をして犬大好きと言えばいいんですか? 生き恥です。それなのに、どこの病院に行て何度検査してもお前は犬大好き病ではないだと言われて、最悪ですよ」
「あの、そろそろお帰り頂けますか。どんなに粘られても検査の結果が変わることはありません。わたしも医者ですので、カルテを捏造したりはできないんですよ。それにこれからお昼の犬特集がはじまりますからね。一緒に見ていきますか?」
「そんなものは録画しています!」
 見下された。犬大好き病に罹ていないからて。ちくしう。なんでこんな世界になちまたんだ。逃げるように病院から出ていた。
 今年の夏頃、どこの国からはじまたのかまたく不明だが、犬大好き病は流行りだした。最初はただのブームぐらいに思われていた。もとから犬はかわいいし、人気もあた。そんな人気がちと増えたのではぐらいだた。散歩する犬が増えたかな、うれしいなと思たり、テレビで犬特集をまたやてる、かわいいなと思たり、最初は無邪気に喜んでいた。
 だけどどこかの偉い研究者様がいろいろな実験の末に突き止めたらしいが、これは感染症だたのだ。それも人から人にうつる病気だた。
 この病気の広がり方は凄まじかた。なんせネトですら感染するのだ。かわいい犬の写真や動画を見たりするだけでうつる。うつりたくなければリアルもネトも完全に人から離れて暮らすしかないが、現代ではそれも難しいだろう。
 とある犬雑誌のアンケートによると、犬好きの割合が病気の流行前は9割5分だたのに対し、なんと9割9分9厘なたというのだから凄まじい。
 そうして世界は犬派のものになた。
 めでたし、めでたし。
 となるならよかたのだが、そうではない。なぜか僕はその病気にかかることができなかたのだ。最初は、もとから犬好きだからな、にわかとは違うのだよ、にわかとは! と思ていたが、周りのもとから犬派の人に聞くと、仮に犬好きだたとしても感染するものなのだと聞いた。
 そうなると話が違てくる。
 感染していないと、まるで本当は犬嫌いなのではないか、みたいな気持ちになてしまう。犬が好きな気持が足りないと笑われているような気持ちになてしまう。
 本当に犬が大好きなのに。あの性格の悪い猫なんかとは違う、犬は最高の生き物だと思ているのに。
 向こうから散歩中の犬がやてきた。近所の奥様がリードを持ていた。知り合いの犬なので、軽く挨拶をして、犬をさわらせてもらう。かわいい。やぱり犬は最高だ。もふもふしていると奥様が話しかけてきた。
「わたし、犬大好き病にかかいまして」
 びくりして犬を撫でる手が一瞬、止まる。
「へ、へ……。まあ、犬はかわいいですからね」
「わたし、猫派なんですけどね」奥様が笑う。
 じあ、なんで犬を飼てるんだ。ケンカ、売てるのか。犬を大事にしているか? しているな。ちんと可愛がられているいい犬だ。犬を撫でる。
「これからどうなるかわかりませんが、犬好きのこと教えて下さいね」
「え……。僕は犬派ですから」
 なんとか我慢して会話を乗り切た。犬が奥様と去ていく。
 絶望。
 どうして僕は犬大好き病に罹らないのだろう。周りはもうみんな罹ているのに。どうすればいいんだ。もと犬の写真や動画を見なければいけないのか。みんなもとネトにあげてくれ。はやくしろ。いぱいだ。カメラを止めるな! いや、こまめに止めて、アプロードして、また撮影しろ!!
 うちについた。脱走防止柵を通て部屋に入る。見たことはあるけど、あまり見たくはない景色が広がていた。テペーパーが破れまくて部屋中にばらまかれていた。そんなばらばらになたテの上で子猫が寝ている。どうやら遊び疲れて寝てしまたらしい。
 溜息を吐く。
「ただいま」
 しがんで子猫に言た。そのまま撫でる。さき撫でた犬とはまるで違う。小さな姿。
 僕は犬派だ。
 だが猫を飼ている。
 知り合いからどうしてもと言われて飼うことになたのだ。猫は好きではないと言たのに、押し付けられた。家をあけると心配になる。だけどずと見ているわけにも行かない。だから少しずつ家をあける時間を増やしているのだけれど、どうも僕がいなくなた時間はいたずらタイムと認識してしまているらしい。
 困たものだ。どうしつけたらいいものか。
 怒たりしなければいけないのだけど、こうかわいい姿を見せられるとなかなか叱ることもできない。というか今は寝ている。まるで悪意が感じられない。悪意がなければ許されるのか? 否、許して良いはずがない。でもかわいいから許そうか。かわいければ悪いことしてもいいのかて? いいだろ? 何か問題でもあるのか? いーや、ないね!
 子猫を起こさないように、テを片付けていく。
 音を出せないので、録画していた犬特集を見ることもできない。
 またく猫て奴は、犬と違てダメダメだ。
 本当にね。
 僕は寝息をたてる子猫をじと見つめた。
 もしかして、猫大好き病とか流行りはじめてないかな。              <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない