てきすとぽいトップページへ
第16回 文藝マガジン文戯杯「秋の味覚」
〔 作品1 〕» 2  7 
秘密
あち
 投稿時刻 : 2021.07.15 22:00 最終更新 : 2021.07.15 22:02
 字数 : 200
5
投票しない
更新履歴
- 2021.07.15 22:02:49
- 2021.07.15 22:02:00
- 2021.07.15 22:01:36
- 2021.07.15 22:00:23
秘密
あち


 仕事帰りのコーヒープ。
 疲れを癒すため、は建前。本当は別の理由で立ち寄る。
 ボクは店内のキミを見つけホトカフモカを注文する。
 温めたカプにチコシロプを垂らし湯気たつコーヒーを注ぐ。
 ホイプで雪山を作りココアパウダーの雪を降らす。
 手間のかかる一杯。キミは何を思う?
 一緒に買たスイートポテト。一口かじり一口啜る。
 ねとりとした優しい甘みを黒くて深い甘みと苦味が追う。
 キミは知らないボクの秘密。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない