てきすとぽいトップページへ
第64回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9 
ねじりまわしの怪
 投稿時刻 : 2021.08.22 14:19
 字数 : 1000
5
投票しない
ねじりまわしの怪
多千花香華子


 これは夢か。
 なにもない白い部屋だた。
 俺は立ちつくし、目の前に女がいる。 
 髪の長い女が、青くう血した顔で微笑んでいた。首がねじれている。
 女の首の下には肩甲骨の膨らみがあり、それは背中だた。さらに下には尻の双丘がある。つま先は向こうがわ。顔はこちらを向いているが、白いワンピースの包まれた体は、前後が逆だた。
 女はニタニタ笑ていた。
「問題。どうしてわたしはこんなふうになたでしう」
 しわがれ声だた。
 俺はわけもわからず呆然としていた。体が縛られたように動けない。女が言た。
「答えて」
 俺は適当に言てみた。
「巨人にねじられた?」
「はずれ」
「う!」
 俺の顔は子供のような小さい手に挟まれて、右にねじられた。すごい力だた。抗えない。俺が答えられなければ、女同様に首を逆向きにされてしまうのだろう。恐怖が発火して体に広がる。
 女はぎくしくした動きで、俺の視界に入るよう移動してきた。
「答えて」
「機械だ! 回転する機械に巻きこまれたんだ!」
「はずれ」
 子供の手が俺の頭をねじる。体は万力で締め付けられたように前を向いたまま。これ以上はもう俺の首はまわらない。首の筋がキチキチと悲鳴をあげている。女は言た。
「答えて」
 俺の顔を押さえる手に力がこめられた。もう時間がない。俺はなんとか理屈をひねりだした。
「バイクだ! バイク事故でそうなたんだ!」
 女はポキポキと乾いた音をたてながら首をかしげた。
「どうしてそう思たの?」
「バイクに乗ていて投げ出された。そのあと首から着地したが、体の勢いは止まらなかた。だから首を視点にして体が回転したんだ!」
 女は無情に告げる。
「はずれ」
「やめろ!」
 俺の首は限界を超えてねじられた。自分でもなにをいてるかわからない悲鳴があがる。そして激痛とともにボキリと、首の骨が折れた。暗闇。
「は!」
 俺は痛みで目が覚めた。生きている。痛みは幻だた。
 蒸し暑い真夏の夜の夢にしたて夢見が悪すぎる。
 荒い息をついていると少しずつ体の感覚が戻てきた。俺は安堵の吐息をついて寝返りをうつ。
 その目の前に女の顔があた。
 女はう血した顔でうつろに笑た。
 首はねじれて逆向きのまま。それだけじなく、今度は両腕と両足もねじれて逆向きになていた。差し込む日差しが悪夢のように女を体をまだらに染める。
 女は待ちきれないというように、虫の動きで床を這いながら言た。
「それでは、第二問です」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない