てきすとぽいトップページへ
第64回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  9 
駆ける記憶
 投稿時刻 : 2021.08.22 13:23
 字数 : 1000
5
投票しない
駆ける記憶
住谷 ねこ


「あ。奥さん奥さん 田柄さんの奥さん

頭の上から声が聞こえる。

「奥さんたら こちこち 聞こえないの?上よ うえ

うるさいな。

振り向くと隣の家の2階
ベランダに干した縞々のシーツをバクに
おばさんというには褒めすぎな感じの
でも、おばあさんと言うにはまだ早いのかと思うくらいの
女がこちを向いて手を振り、がなり立てていた。

周りを見渡すと住宅街で似たような家がいくつも並んでいる。
太陽が真上にあり炎天下の道はただ白く、方向がよくわからない。

あれ?なんでここにいるんだけ。
今日は念願かなてやと憧れの先輩とデートにこぎつけたのに。

「奥さん 田柄さんの奥さん
ベランダの女がまだ叫んでいる。

後の塀に付けられたガラス板でできた表札を見ると「田柄」とある。
その隣はと、少し覗き込むと隣の表札も同じガラスで「音羽」とあた。

。田柄の奥さんが庭にでも居てそれを音羽の奥さんが呼んでいるのか。
ちを見てる気がしたけどそんなわけないもんね。
私は田柄じないし。
まだ、独身だし。

それより、駅。
ちかな。
え?あれ? 約束は夜じなかけ?
なんでこんな真昼間に歩いてるんだろう。

「ねえたら。もう今降りていくから待てて そこにいてよ」

音羽の奥さんと目が合た気がした。
? 私?
今、降りて来る?
捕またらめんどくさい。
そう思て私は走り出す。

「奥さーん、奥さー……
音羽の奥さんの声が追いかけてくる。
なんだやぱり私じないじん。

それでも走ると、声はどんどん遠ざかた。
早く会いたい。先輩。
どんどん走る。どんどん走るのに
なかなか前に進まない、夢の中のように進まない。

ゴミ集積所で近所の人達が立ち話をしている。

「えー。そんな事ある?なんか、怖いね

「なになに。どうしたの?」

「田柄さんね。もう危ないんだて、なのに音羽さん昨日、見たんだて家から出ていくところ」

「え?田柄さんて、ECMOじなかた?」
「そうなのよ。でも昨日家の前に立てるからベランダから呼んだのよ、退院したのかと思て」

「いくら呼んでも返事しないから降りてたらもういなくて。家も鍵が掛かてたし」

「えー

コロナ病棟勤務の看護師が引継ぎをしている。
「あと最後に、5番の田柄さん、だめかもしれません」

「はい」

「でも、なんか笑てるんだよね」
「え?」
「笑てるんだよね」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない