てきすとぽいトップページへ
第68回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕
 投稿時刻 : 2022.04.17 00:40
 字数 : 753
〔集計対象外〕
5
投票しない
Chill Out
ポキール尻ピッタン


 先月まで入居者がいたはずの古いアパートはいつのまにか取り壊されていて、商業ビルが並ぶ駅前通りは虫歯でも抜いたみたいにぽかりと隙間ができていた。金属パイプと白いパネルを積んだトラクが一方通行をバクで商店街に侵入し、ヘルメトを被た作業員たちが空き地の前に三角コーンを並べ始めた。エンジン音の唸りに合わせてマフラーから黒い排気が一定のリズムで吹き出し、建材を下ろしたトラクは誘導に沿てゆくり進み始めた。商店街の出口を遮るように四両編成の電車が駅を発車した。線路がこすれる音とモーター音がトラクの低い排気音と重なり、

 頭の中でKLFの「Chill Out」が流れ始めた。

「落ち着け、落ち着け」
 瞬きもせずに睨みつけるミチルの視線をコーヒープで遮り、商店街へ顔を背けて呟いた。熱を帯びたカプに触れた唇がわずかに焼かれ、思わず顰めてしまた表情が気に触たのだろう。ミチルは隣の席の子どもが振り返るほど大きくため息をついた。
 いい大人がロテリアで別れ話をしているなんて実に滑稽だ。
「私が大声を出さないと思て、」
 二の句が継げぬくらい呆れているのだろう。ミチルは言葉を振り払うみたいに首を振てステクシガーを二本、カフラテに降り注いだ。ミルクに弾かれた幾粒かの砂糖がカプを飛び出しトレイに散ていた。

 金属が石とぶつかる音だろうか、二メートルほどの間隔で並んだ作業員たちがハンマーを振り下ろすたびに甲高い音が空き地に響いていた。なにが建つのだろうか? それとも以前のアパートが復元されるのだろうか? しばしありえない想像に頭を巡らせていた。

「少し、考えさせて」
 当たり前の日常だたと思う。街の景色に溶け込んでいた二人だたと思う。
「あなたも悪いんだからね」
 壊したのは誰なのか、もちろん分かている。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない