てきすとぽいトップページへ
第68回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5 
紙吹雪はらはら
 投稿時刻 : 2022.04.16 23:44
 字数 : 580
5
投票しない
紙吹雪はらはら
住谷 ねこ


小さな小さな劇団のアルバイトを見つけた。
アパートの近くに神社があてその奥にぼろいプレハブが建ていて
そこは時々、ぽつぽつと灯がつく。
どうやらお芝居を定期的に発表しているらしかた。
一度覗いてみようと思ていたら「紙吹雪係募集」と言う貼り紙が出ていたのだ。
アルバイト代は若干。としか書いてなかた。

そして私は「紙吹雪係」になたのだた。
劇団の団長だというその人は「アルバイトの募集を見た」というと
「はい、採用」ということになた。

大きなざるにピンク色の紙吹雪がたくさん入ていてそれを決またシーンで
はらはらと散らすのだ。
散らす場面はいくつかあて、そのシーンが盛り上がるように調節して紙吹雪を降らせる。

私は初めてにしては上手らしい。

明日にはくるから 明日にはくるから と言われながら
まだ主役やほかの出演者の人がこないので
私はいつも一人で団長の本読みに合わせてはらはらと桜もどきに紙吹雪を散らした。
一週間もやていたけどいこうに誰も来なかた。
少し心配になて「バイト代はいつ、いくらくらいもらえますか?」と聞いてみたが
なんとなくごまかされた。

そのうち飽きたので行くのを辞めた。
バイト代はもちろんもらえなかた。

行かなくなて少ししたらまた「紙吹雪係募集」という貼り紙がされていた。
それをじろじろみている大学生らしい男の子がいたが私は知らんふりで通り過ぎた。

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない