てきすとぽいトップページへ
第68回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  6 
幻想教室
 投稿時刻 : 2022.04.16 23:37
 字数 : 1112
5
投票しない
幻想教室
犬子蓮木


 卒業。
 それぞれの道に進んでいく。
 いつかまた集まることがあるだろうか。でもきと、そのときもクラスの全員が揃たりはしない、そんな気がする。
 誰かは亡くなているかもしれないし、クラスが嫌いだたから顔なんてみたくもないという人もいるかな。
 偶然、集また私たちは、人生の長さを考えれば、ほんの一瞬だたような時間を過ごし、散り散りになて離れていく。
 桜は毎年咲くけれど、このクラスに来年はない。
 声をあげている女の子がいる。
 今日は、注目を集めたりはしない。
 みんな泣いていたりするからだ。
 子供だたような顔が、少しだけ大人になり、今日は着飾た姿で誇らしそうに、だけど涙を浮かべながら、楽しかた思い出を話している。別れを惜しんでいる。
 永遠はなく、しかし繰り返しはあり、けれど同じではない。
 教室から少しずつ人が減ていた。賑わいが校舎の外に移動していく。
 校内から少しずつ人が減ていた。賑わいが学校の外に移動していく。
 私は、人のいなくなた教室に戻てきた。黒板にはカラフルな絵や文字で、これまでの感謝や喜びが書かれていた。黒板消しを持ち消していく。
 数日もすれば、この教室に次の生徒たちがあふれかえる。今日までの思い出の痕跡はなく、新しい思い出が作られていくのだろう。この教室はいたいこれまでのどれだけの生徒を送り出しのか。考えればわかりそうだけど、考えようとまでは思わなかた。
 振り返り教卓に手をつく。
 きれいに並べられた机に生徒はひとりもいない。
 話し声もない。
 笑顔も、涙も、ふてくされたような顔を、眠ている姿もない。
 私は来年もこの学校で生徒に教えていく。
 またそのうち、次の生徒が卒業するのを見送る。
 これまで何度も繰り返してきた。
 こられかも何度も繰り返していくだろう。
 窓の外に咲く、桜を見た。
 今年も綺麗だなと思う。
 でも、去年の桜となにが違うのか、私にはわからない。
 だから桜はおもしろくない。
 繰り返しの人生。
 生徒に同じ人間なんて当然、一人もいない。私は過去に受け持た生徒や今日、送り出した生徒を思い出す。みんなそれぞれ違ていて、トラブルもあたけれど、おもしろかた。
 教室の中を見て回り、忘れ物がないことを確認する。なにもない。楽しかた数々の痕跡はみんな綺麗に消えていた。
 よし行こう。
 私は教室を出て、ドアを閉める。
 鍵をかけた。
 教室の中には、まだ生徒たちが残ているような気がした。
 楽しげに話していて、チイムがなているけれど、席に戻らない。
 私が入て、やと戻りだす。
 そんな生徒たちは、もういない。
 後ろ髪をひかれるような気持ちを自覚しつつ、私はゆくりと廊下を歩いた。
 頭の中のでにぎやかな教室を思い浮かべながら。                       <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない